ロワールの最も美しい村

 

フランスを横断して大西洋へと流れ込む広大なロワール川。その周辺には中世以降、王侯貴族の煌びやかな城が数多く建造されました。その優美なロワール渓谷一帯は「フランスの庭園」とも呼ばれ、ユネスコの世界文化遺産にも指定されています。実に300を超える城が点在し、古城巡りを楽しむ多くの人々で賑わいを見せるエリアですが、ぜひ魅力ある小さな村々も一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?清らかに流れる小川や、鳥のさえずりが聞こえる森と調和するように、美しい人々の暮らしが息づく村々の景色は忘れられない旅の思い出となるでしょう。

ロワールの最も美しい村

 

フランスを横断して大西洋へと流れ込む広大なロワール川。その周辺には中世以降、王侯貴族の煌びやかな城が数多く建造されました。

 

その優美なロワール渓谷一帯は「フランスの庭園」とも呼ばれ、ユネスコの世界文化遺産にも指定されています。

 

実に300を超える城が点在し、古城巡りを楽しむ多くの人々で賑わいを見せるエリアですが、ぜひ魅力ある小さな村々も一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

清らかに流れる小川や、鳥のさえずりが聞こえる森と調和するように、美しい人々の暮らしが息づく村々の景色は忘れられない旅の思い出となるでしょう。




【サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の見どころ】

 

古城巡りの中心地サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏は、フランスの中央部に位置しています。中心都市のオルレアンはジャンヌ・ダルクゆかりの地として知られ、街のシンボルであるサント・クロワ大聖堂はジャンヌ・ダルクの生涯が描かれた見事なステンドグラスが並びます。

 

また、パリから電車で1時間ほどでアクセス出来るシャルトルの街にある大聖堂は最も美しいゴシック様式建築として呼び声高く、ユネスコの世界遺産登録を受けています。アンボワーズ、ブロワ、トゥールといったロワール川沿いの中核都市に佇む城も見逃せません。

 

また、ロワール流域で最大規模を誇るシャンボール城や、川に橋を架けるように建てられたシュノンソー城、水面に反射する姿に心奪われるアゼ・ル・リドー城などロワールを代表する城が点在しているのは小さな街や村ばかりです。(※「フランスの最も美しい村」協会には加盟していません。)

 

【ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の見どころ】

 

また先ほど紹介したサントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の西側に隣接するペイ・ド・ラ・ロワール地域圏もロワール川が縦断し、最終的に大西洋へと流れ込んでいきます。

 

中心都市のナントは、『海底二万里』などの著書で知られるSF小説の父、ジュール・ヴェルヌ生誕の地として知られています。ジュール・ヴェルヌの書き残した物語の世界観をそのままに、「レ・マシーン・ド・リル」と呼ばれるテーマパークがあり、一風変わったまちづくりで訪れる人々を楽しませています。その他、17カ所の円塔と全長1kmにも及ぶ城壁に囲まれた城のあるアンジェや、24時間レースの行われるル・マンなどが見どころです。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

現在サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏には8つ、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏には3つの村が「フランスの最も美しい村」協会に加盟しています。川の畔に佇む閑静なフランスの最も美しい村々をぜひ訪れてみてくださいね。

【サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の見どころ】

 

古城巡りの中心地サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏は、フランスの中央部に位置しています。

 

中心都市のオルレアンはジャンヌ・ダルクゆかりの地として知られ、街のシンボルであるサント・クロワ大聖堂はジャンヌ・ダルクの生涯が描かれた見事なステンドグラスが並びます。

 

また、パリから電車で1時間ほどでアクセス出来るシャルトルの街にある大聖堂は最も美しいゴシック様式建築として呼び声高く、ユネスコの世界遺産登録を受けています。

 

アンボワーズ、ブロワ、トゥールといったロワール川沿いの中核都市に佇む城も見逃せません。

 

ロワール流域で最大規模を誇るシャンボール城や、川に橋を架けるように建てられたシュノンソー城。

 

水面に反射する姿に心奪われるアゼ・ル・リドー城などロワールを代表する城が点在しているのは小さな街や村ばかりです。(※「フランスの最も美しい村」協会には加盟していません。)

 

【ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の見どころ】

 

また先ほど紹介したサントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の西側に隣接するペイ・ド・ラ・ロワール地域圏もロワール川が縦断し、最終的に大西洋へと流れ込んでいきます。

 

中心都市のナントは、『海底二万里』などの著書で知られるSF小説の父、ジュール・ヴェルヌ生誕の地として知られています。

 

ジュール・ヴェルヌの書き残した物語の世界観をそのままに、「レ・マシーン・ド・リル」と呼ばれるテーマパークがあり、一風変わったまちづくりで訪れる人々を楽しませています。

 

その他、17カ所の円塔と全長1kmにも及ぶ城壁に囲まれた城のあるアンジェや、24時間レースの行われるル・マンなどが見どころです。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

現在サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏には8つ、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏には3つの村が「フランスの最も美しい村」協会に加盟しています。

 

川の畔に佇む閑静なフランスの最も美しい村々をぜひ訪れてみてくださいね。

モントレゾール

【アンドル川沿いから見上げる村の眺望】

 

トゥールを中心として広がるアンドル・エ・ロワール県に位置するこの村は、丘の上のモントレゾール城とサン・ジャン・バプティスト参事会教会がアンドル川へ見事に映し出されています。城は現在美術館として活用されていて、小さな村ながらラファエロやカラヴァッジョといったルネサンス期の巨匠の絵画も並びます。川沿いには開放感のある散歩道が整備されていて、美しい集落を眺めながら散策すれば晴れやかな気持ちになれることでしょう。

 

主な見どころ:モントレゾール城、サン・ジャン・バプティスト参事会教会、旧市場など

モントレゾール

【アンドル川沿いから見上げる村の眺望】

 

トゥールを中心として広がるアンドル・エ・ロワール県に位置するこの村は、丘の上のモントレゾール城とサン・ジャン・バプティスト参事会教会がアンドル川へ見事に映し出されています。

 

城は現在美術館として活用されていて、小さな村ながらラファエロやカラヴァッジョといったルネサンス期の巨匠の絵画も並びます。

 

川沿いには開放感のある散歩道が整備されていて、美しい集落を眺めながら散策すれば晴れやかな気持ちになれることでしょう。

 

主な見どころ:モントレゾール城、サン・ジャン・バプティスト参事会教会、旧市場など

ラヴァルダン

【洞窟で生活したロワール渓谷の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏中央部ロワール・エ・シェール県に位置するこの村は、小高い丘の上に佇む中世の城の跡が圧巻の光景です。石灰質の崖には洞窟が掘られ、数多くの伝説が残されているほか、住居としても利用されていました。11世紀に建てられたサン・ジュネスト教会はロマネスク様式の見事な外観が特徴的で、教会内に描かれた12世紀のフレスコ画は一見の価値ありです。

 

主な見どころ:ラヴァルダン城、サン・ジュネスト教会、ラヴァルダン民族資料館など

ラヴァルダン

【洞窟で生活したロワール渓谷の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏中央部ロワール・エ・シェール県に位置するこの村は、小高い丘の上に佇む中世の城の跡が圧巻の光景です。

 

石灰質の崖には洞窟が掘られ、数多くの伝説が残されているほか、住居としても利用されていました。

 

11世紀に建てられたサン・ジュネスト教会はロマネスク様式の見事な外観が特徴的で、教会内に描かれた12世紀のフレスコ画は一見の価値ありです。

 

主な見どころ:ラヴァルダン城、サン・ジュネスト教会、ラヴァルダン民族資料館など

イェーヴル・ル・シャテル

【ヴィクトル・ユゴーも魅せられたフランス国王の封建地】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏北東部ロワレ県に位置するこの村は、パリとオルレアンの間に位置する中世の宿場町です。13世紀の城塞とサン・ゴー教会が村の中央に位置し、威風堂々とした姿で私たちを迎えてくれます。また、未完のまま残されたサン・リュバン教会もどこか神秘的な雰囲気を感じさせてくれるスポットです。『レ・ミゼラブル』などで知られる、詩人ヴィクトル・ユゴーもこの村を訪れ、大いに称賛しました。

 

主な見どころ:イェーヴル・ル・シャテル城、サン・ゴー教会、サン・リュバン教会など

イェーヴル・ル・シャテル

【ヴィクトル・ユゴーも魅せられたフランス国王の封建地】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏北東部ロワレ県に位置するこの村は、パリとオルレアンの間に位置する中世の宿場町です。

 

13世紀の城塞とサン・ゴー教会が村の中央に位置し、威風堂々とした姿で私たちを迎えてくれます。

 

また、未完のまま残されたサン・リュバン教会もどこか神秘的な雰囲気を感じさせてくれるスポットです。

 

『レ・ミゼラブル』などで知られる、詩人ヴィクトル・ユゴーもこの村を訪れ、大いに称賛しました。

 

主な見どころ:イェーヴル・ル・シャテル城、サン・ゴー教会、サン・リュバン教会など

アプルモン・シュル・アリエ

【祖父の意思を継いだ理想の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏南東部シェール県に位置するこの村は、アリエ川沿いに散歩道が広がる気持ちの良い場所です。民家を林が取り囲み、褐色の屋根が顔を覗かせる街並みはまるで絵画のような光景。城の周囲には親子2代に渡って美しい英国式庭園が作り上げられ、「花の公園」を意味するパルク・フローラルと名付けられたその美しい庭は毎年多くの人々を魅了しています。

 

主な見どころ:アプルモン城、パルク・フローラルなど

アプルモン・シュル・アリエ

【祖父の意思を継いだ理想の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏南東部シェール県に位置するこの村は、アリエ川沿いに散歩道が広がる気持ちの良い場所です。

 

民家を林が取り囲み、褐色の屋根が顔を覗かせる街並みはまるで絵画のような光景。

 

城の周囲には親子2代に渡って美しい英国式庭園が作り上げられ、「花の公園」を意味するパルク・フローラルと名付けられたその美しい庭は毎年多くの人々を魅了しています。

 

主な見どころ:アプルモン城、パルク・フローラルなど

ガルジレス・ダンピエール

【ジョルジュ・サンドに愛された美しき村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏南部アンドル県に位置するこの村は、フランスを代表する女流作家ジョルジュ・サンドゆかりの地です。1844年にこの村へ初めて訪れて以来、この村で休暇を過ごすようになりました。村の中央を流れる小川の脇に民家が建ち並ぶ光景は、まるで絵葉書のような美しさ。50年以上の歴史を持つハープの音楽祭も有名で、神秘的な音色がサン・ローラン・エ・ノートル・ダム教会に響き渡ります。また、村の名前から取られた「ル・ガルジレス」と呼ばれる山羊のチーズもぜひとも味わいたい一品です。

 

主な見どころ:ジョルジュ・サンドの家、ガルジレス城、サン・ローラン・エ・ノートル・ダム教会など

ガルジレス・ダンピエール

【ジョルジュ・サンドに愛された美しき村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏南部アンドル県に位置するこの村は、フランスを代表する女流作家ジョルジュ・サンドゆかりの地です。

 

1844年にこの村へ初めて訪れて以来、この村で休暇を過ごすようになりました。

 

村の中央を流れる小川の脇に民家が建ち並ぶ光景は、まるで絵葉書のような美しさ。

 

50年以上の歴史を持つハープの音楽祭も有名で、神秘的な音色がサン・ローラン・エ・ノートル・ダム教会に響き渡ります。

 

また、村の名前から取られた「ル・ガルジレス」と呼ばれる山羊のチーズもぜひとも味わいたい一品です。

 

主な見どころ:ジョルジュ・サンドの家、ガルジレス城、サン・ローラン・エ・ノートル・ダム教会など

サン・ブノワ・デュ・ソー

【小修道院へと続く城壁沿いの散歩道】

 

ロワール・ベリー地方とリムーザン地方の境目に位置するこの村は、城壁沿いの散歩道から渓谷の雄大な自然を見渡すことの出来る印象的な村です。集落が築かれた岩山の先端部に、サン・ブノワの小修道院が残されています。かつて市街地と小修道院は門によって隔てられており、時計の取り付けられた円柱の塔が市民の力を象徴する建物となっていました。村の外れにも、中世の橋や巨石記念物ドルメンなども見どころがあります。

 

主な見どころ:サン・ブノワ教会、サン・ブノワ小修道院など

サン・ブノワ・デュ・ソー

【小修道院へと続く城壁沿いの散歩道】

 

ロワール・ベリー地方とリムーザン地方の境目に位置するこの村は、城壁沿いの散歩道から渓谷の雄大な自然を見渡すことの出来る印象的な村です。

 

集落が築かれた岩山の先端部に、サン・ブノワの小修道院が残されています。

 

かつて市街地と小修道院は門によって隔てられており、時計の取り付けられた円柱の塔が市民の力を象徴する建物となっていました。

 

村の外れにも、中世の橋や巨石記念物ドルメンなども見どころがあります。

 

主な見どころ:サン・ブノワ教会、サン・ブノワ小修道院など

クリセ・シュル・マンス

【石灰土の優しい色味に包まれる村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏西部アンドル・エ・ロワール県に位置するこの村には、15世紀にフランボワイヤン・ゴシック様式で建てられたサン・モーリス教会が美しく佇んでいます。村の中心から教会へと続く小路の脇には広々とした庭があり、一画に整備された共同菜園で楽し気に農作業に耽る住民の姿を垣間見ることが出来ます。石灰岩で造られた民家が、幾重にも塗り重ねられた油絵のような街並みを形成しています。

 

主な見どころ:クリセ城、サン・モーリス教会など

クリセ・シュル・マンス

【石灰土の優しい色味に包まれる村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏西部アンドル・エ・ロワール県に位置するこの村には、15世紀にフランボワイヤン・ゴシック様式で建てられたサン・モーリス教会が美しく佇んでいます。

 

村の中心から教会へと続く小路の脇には広々とした庭があり、一画に整備された共同菜園で楽し気に農作業に耽る住民の姿を垣間見ることが出来ます。

 

石灰岩で造られた民家が、幾重にも塗り重ねられた油絵のような街並みを形成しています。

 

主な見どころ:クリセ城、サン・モーリス教会など

カンド・サン・マルタン

【交わる川の流れと共に歩む伝説の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の最西部、ヴィエンヌ川とロワール川が交わる場所に位置するこの村では、サン・マルタン参事会教会が村のシンボルとして中央広場に堂々と構えています。プランタジネット朝ゴシック様式が美しく、教会内のステンドグラスが聖マルタンの伝説を描いています。村の奥へと進んでいくと小高い丘へと至る小路が整備されており、頂上ではロワール・アンジュー・トゥーレーヌ自然国立公園を見渡すことの出来る絶景が広がっています。

 

主な見どころ:サン・マルタン参事会教会など

カンド・サン・マルタン

【交わる川の流れと共に歩む伝説の村】

 

サントル・ヴァル・ド・ロワール地域圏の最西部、ヴィエンヌ川とロワール川が交わる場所に位置するこの村では、サン・マルタン参事会教会が村のシンボルとして中央広場に堂々と構えています。

 

プランタジネット朝ゴシック様式が美しく、教会内のステンドグラスが聖マルタンの伝説を描いています。

 

村の奥へと進んでいくと小高い丘へと至る小路が整備されており、頂上ではロワール・アンジュー・トゥーレーヌ自然国立公園を見渡すことの出来る絶景が広がっています。

 

主な見どころ:サン・マルタン参事会教会など

モンソロー

【ロワール川の畔の優美な城を囲む村】

 

先ほど紹介したカンド・サン・マルタンのすぐ隣、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の最東部に位置するこの村にあるのが、ロワール流域で最も有名な古城の1つモンソロー城。19世紀フランスを代表する小説家アレクサンドル・デュマの『モンソローの奥方』の舞台となったことでも有名です。また、丘を登って行くとかつて洞窟を住居として生活していた跡が残されていて、村のもう一つの顔を垣間見ることが出来ます。

 

主な見どころ:モンソロー城、サン・ピエール・ド・レスト教会など

モンソロー

【ロワール川の畔の優美な城を囲む村】

 

先ほど紹介したカンド・サン・マルタンのすぐ隣、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の最東部に位置するこの村にあるのが、ロワール流域で最も有名な古城の1つモンソロー城。

 

19世紀フランスを代表する小説家アレクサンドル・デュマの『モンソローの奥方』の舞台となったことでも有名です。

 

また、丘を登って行くとかつて洞窟を住居として生活していた跡が残されていて、村のもう一つの顔を垣間見ることが出来ます。

 

主な見どころ:モンソロー城、サン・ピエール・ド・レスト教会など

サント・スザンヌ

【メーヌの真珠と称される凛とした美しい村】

 

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏北部マイエンヌ県に位置するこの村は、高さ70mにもおよぶ岩山の上に佇んでいます。二重の城壁に囲まれた強固な城下町として栄え、中世の面影を今にとどめています。村の外れには、紀元前6世紀に建てられたマイエンヌ地方で最も古い巨石記念物があります。また、村のクラフト・ビール「ラ・スザネーズ」はぜひとも味わいたい村の特産品です。

主な見どころ:サント・スザンヌ城、サント・スザンヌ教会など

サント・スザンヌ

【メーヌの真珠と称される凛とした美しい村】

 

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏北部マイエンヌ県に位置するこの村は、高さ70mにもおよぶ岩山の上に佇んでいます。

 

二重の城壁に囲まれた強固な城下町として栄え、中世の面影を今にとどめています。

 

村の外れには、紀元前6世紀に建てられたマイエンヌ地方で最も古い巨石記念物があります。

 

また、村のクラフト・ビール「ラ・スザネーズ」はぜひとも味わいたい村の特産品です。

 

主な見どころ:サント・スザンヌ城、サント・スザンヌ教会など

ヴーヴァン

【蛇の尾を持つ妖精の伝説が伝わる村】

 

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏南西部ヴァンデ県に位置するこの村は、六角形の鐘楼が印象的なノートル・ダム教会を中心に街が広がっています。村の入口には、メリュジーヌの塔があり屋上からはオレンジ色の屋根に統一された美しい村の景観を楽しむことが出来ます。その塔の名前は蛇の尾を持つ妖精の伝説が由来となっていて、その妖精をモチーフとした装飾が村内の至る所に飾られています。探しながら散策すれば、宝探しのような気分を楽しめるでしょう。

 

主な見どころ:ノートルダム教会、メリュジーヌの塔など

ヴーヴァン

【蛇の尾を持つ妖精の伝説が伝わる村】

 

ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏南西部ヴァンデ県に位置するこの村は、六角形の鐘楼が印象的なノートル・ダム教会を中心に街が広がっています。

 

村の入口には、メリュジーヌの塔があり屋上からはオレンジ色の屋根に統一された美しい村の景観を楽しむことが出来ます。

 

その塔の名前は蛇の尾を持つ妖精の伝説が由来となっていて、その妖精をモチーフとした装飾が村内の至る所に飾られています。

 

探しながら散策すれば、宝探しのような気分を楽しめるでしょう。

 

主な見どころ:ノートルダム教会、メリュジーヌの塔など