ピカルディの最も美しい村

 

フランス北部に位置するピカルディ地方。2016年にノール・パ・ド・カレー地域圏と統合し、現在はオー・ド・フランスという名称でも知られています。ベルギーとの国境近くのこの地域は、平野が広がり牧歌的な農村風景が楽しめます。初夏には可愛らしいバラの花が咲き誇り、煉瓦造りの赤い民家に彩りを添えます。現在の長閑な印象とは異なり、100年戦争中に勃発したジェルブロワの戦いをはじめ、多くの争いの場となったこの地域は、自衛的な性格を備えた教会のある村が多いのも特徴です。

ピカルディの最も美しい村

 

フランス北部に位置するピカルディ地方。2016年にノール・パ・ド・カレー地域圏と統合し、現在はオー・ド・フランスという名称でも知られています。

 

ベルギーとの国境近くのこの地域は、平野が広がり牧歌的な農村風景が楽しめます。初夏には可愛らしいバラの花が咲き誇り、煉瓦造りの赤い民家に彩りを添えます。

 

現在の長閑な印象とは異なり、100年戦争中に勃発したジェルブロワの戦いをはじめ、多くの争いの場となったこの地域は、自衛的な性格を備えた教会のある村が多いのも特徴です。




【ピカルディ地方の見どころ】

 

中心都市のアミアンにあるノートルダム大聖堂はユネスコの世界遺産に登録され、内部の容積が20万m3とフランスで最も大きな教会としても有名です。またボーヴェの街にあるサン・ピエ―ル大聖堂も必見で、こちらは高さ48,5mにも達するゴシック建築としては世界最大の内陣を有しています。

 

またこの地域の名物料理ピカルディ風フィセルは、ハムやキノコ、エシャロットをクリームソースと共にクレープ生地で包み、チーズを乗せてオーブンで焼いた料理。1950年代にアミアンで発案されたとされ。この地方を訪れたらぜひとも味わいたい体も心も温まる料理です。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

現在ピカルディ地方では、2つの村が「フランスの最も美しい村」協会に加盟しています。大人の雰囲気漂う、バラの薫りに包まれたピカルディの小さな村々をぜひ訪れてみてくださいね。

【ピカルディ地方の見どころ】

 

中心都市のアミアンにあるノートルダム大聖堂はユネスコの世界遺産に登録され、内部の容積が20万m3とフランスで最も大きな教会としても有名です。

 

またボーヴェの街にあるサン・ピエ―ル大聖堂も必見で、こちらは高さ48,5mにも達するゴシック建築としては世界最大の内陣を有しています。

 

またこの地域の名物料理ピカルディ風フィセルは、ハムやキノコ、エシャロットをクリームソースと共にクレープ生地で包み、チーズを乗せてオーブンで焼いた料理。1950年代にアミアンで発案されたとされ。この地方を訪れたらぜひとも味わいたい体も心も温まる料理です。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

現在ピカルディ地方では、2つの村が「フランスの最も美しい村」協会に加盟しています。

 

大人の雰囲気漂う、バラの薫りに包まれたピカルディの小さな村々をぜひ訪れてみてくださいね。

ジェルブロワ

【可憐さと気品に満ちたバラの村】

 

ノルマンディ地方のすぐ近く、ピカルディ地方の南西部オワーズ県に位置するこの村は「バラの村」として広くその名を知られています。ノルマンディー風の木組みの家と、ピカルディ風の煉瓦の家が調和する街並みは必見です。パリからも車で2時間ほどで行くことができるので、週末には都会の喧騒から離れて羽を伸ばしたいパリジャン・パリジェンヌたちも多く訪れます。画家アンリ・ル・シダネルの発案により村中の民家がバラに飾られ、見頃を迎える5月下旬から6月中旬は一層美しい絵画のような景色が広がります。

主な見どころ:サン・ピエ―ル参事会教会、アンリ・ル・シダネルの庭、イフの庭など

ジェルブロワ

【可憐さと気品に満ちたバラの村】

 

ノルマンディ地方のすぐ近く、ピカルディ地方の南西部オワーズ県に位置するこの村は「バラの村」として広くその名を知られています。ノルマンディー風の木組みの家と、ピカルディ風の煉瓦の家が調和する街並みは必見です。

 

パリからも車で2時間ほどで行くことができるので、週末には都会の喧騒から離れて羽を伸ばしたいパリジャン・パリジェンヌたちも多く訪れます。

 

画家アンリ・ル・シダネルの発案により村中の民家がバラに飾られ、見頃を迎える5月下旬から6月中旬は一層美しい絵画のような景色が広がります。

 

主な見どころ:サン・ピエ―ル参事会教会、アンリ・ル・シダネルの庭、イフの庭など

パルフォンドヴァル

【牧歌的な魅力溢れる煉瓦造りの農村】

 

ベルギーとの国境近く、ピカルディ地方の東部エーヌ県に位置するこの村は、大きな屋根を被ったかつての農場が建ち並ぶ長閑な街並みが広がっています。煉瓦造りの外観が印象的なサン・メダール教会は2階に食料の貯蔵庫などを備え、この地域の特徴である自衛的な構造をしています。村内の道は広々と開放感があり、鶏小屋やウサギ小屋など農村の名残が残る田舎らしい風景はノスタルジックな魅力に溢れています。

 

主な見どころ:サン・メダール教会、パルフォンドヴァル・プロテスタント教会、ウーティル・ダンタンの家など

パルフォンドヴァル

【牧歌的な魅力溢れる煉瓦造りの農村】

 

ベルギーとの国境近く、ピカルディ地方の東部エーヌ県に位置するこの村は、大きな屋根を被ったかつての農場が建ち並ぶ長閑な街並みが広がっています。

 

煉瓦造りの外観が印象的なサン・メダール教会は2階に食料の貯蔵庫などを備え、この地域の特徴である自衛的な構造をしています。

 

村内の道は広々と開放感があり、鶏小屋やウサギ小屋など農村の名残が残る田舎らしい風景はノスタルジックな魅力に溢れています。

 

主な見どころ:サン・メダール教会、パルフォンドヴァル・プロテスタント教会、ウーティル・ダンタンの家など