アヴェロンの最も美しい村

 

グラン・コースと呼ばれる石灰岩台地に、アヴェロン川をはじめとする河川が作り出す美しい渓谷地帯。豊かな自然に囲まれたこの地域は神秘的な雰囲気が漂い、古くから多くの巡礼者で賑わいをみせました。また中世の城塞都市も数多く点在し、防衛的な性格の城が集落を見守っています。オレンジ色の瓦屋根に覆われた南東部は、南仏の雰囲気漂う建築が魅力的。その他の地域では石造りの家々の屋根をローズやアルドワーズと呼ばれる板石で葺かれ、深い蒼色に染められた街並みが多くの人々を惹きつけています。

アヴェロンの最も美しい村

 

グラン・コースと呼ばれる石灰岩台地に、アヴェロン川をはじめとする河川が作り出す美しい渓谷地帯。

 

豊かな自然に囲まれたこの地域は神秘的な雰囲気が漂い、古くから多くの巡礼者で賑わいをみせました。

 

また中世の城塞都市も数多く点在し、防衛的な性格の城が集落を見守っています。

 

オレンジ色の瓦屋根に覆われた南東部は、南仏の雰囲気漂う建築が魅力的。

 

その他の地域では石造りの家々の屋根をローズやアルドワーズと呼ばれる板石で葺かれ、深い蒼色に染められた街並みが多くの人々を惹きつけています。




【アヴェロン県の見どころ】

 

アヴェロン県の県庁所在地の置かれているロデーズは、1277年にその歴史を遡るノートルダム大聖堂が街のシンボル。また「黒の画家」として名高いピエール・スーラージュの生まれ故郷としても知られ、「ピエール・スーラージュ美術館」も人気のスポットとなっています。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

このページではアヴェロン県に点在する10つの「フランスの最も美しい村」協会加盟村を紹介しています。神秘的で豊かな歴史に彩られた、個性的な村々の魅力をぜひ感じてみてくださいね。

【アヴェロン県の見どころ】

 

アヴェロン県の県庁所在地の置かれているロデーズは、1277年にその歴史を遡るノートルダム大聖堂が街のシンボル。

 

また「黒の画家」として名高いピエール・スーラージュの生まれ故郷としても知られ、「ピエール・スーラージュ美術館」も人気のスポットとなっています。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

このページではアヴェロン県に点在する10つの「フランスの最も美しい村」協会加盟村を紹介しています。

 

神秘的で豊かな歴史に彩られた、個性的な村々の魅力をぜひ感じてみてくださいね。

コンク

【ロマネスク芸術が体現する聖なる村】

 

神聖な雰囲気漂うこの村は古くから巡礼の地として栄え、現在でもフランス屈指の人気観光地として訪れる人々が絶えません。なかでもユネスコの世界遺産に指定されるサント・フォワ修道院付属教会はロマネスク様式の宗教建築の至宝と謳われ、細部に刻まれた細かな彫刻の数々に魅了されます。またアヴェロン県出身の芸術家、ピエール・スーラージュの手掛けた教会内のステンドグラスも必見です。

 

主な見どころ:サント・フォワ修道院付属教会、ドゥルドゥー川に架かる橋など

コンク

【ロマネスク芸術が体現する聖なる村】

 

神聖な雰囲気漂うこの村は古くから巡礼の地として栄え、現在でもフランス屈指の人気観光地として訪れる人々が絶えません。

 

なかでもユネスコの世界遺産に指定されるサント・フォワ修道院付属教会はロマネスク様式の宗教建築の至宝と謳われ、細部に刻まれた細かな彫刻の数々に魅了されます。

 

またアヴェロン県出身の芸術家、ピエール・スーラージュの手掛けた教会内のステンドグラスも必見です。

 

主な見どころ:サント・フォワ修道院付属教会、ドゥルドゥー川に架かる橋など

エスタン

【美を追求する誇り高き城下街】

 

藍色の屋根の覆われたこの村を見下ろすように佇むのは、フランス大統領も務めたジスカール・デスタンを輩出した名家の築いたエスタン城。美しいアーチを描いてロット川へと映し出される15世紀の橋は多くの巡礼者に親しまれ、ユネスコの世界遺産の一部としても登録されています。毎年7月には伝統の中世祭りが開催され、まるで当時から時の流れが止まったかのような光景に心を打たれます。

 

主な見どころ:エスタン城、ロット川に架かる橋など

エスタン

【美を追求する誇り高き城下街】

 

藍色の屋根の覆われたこの村を見下ろすように佇むのは、フランス大統領も務めたジスカール・デスタンを輩出した名家の築いたエスタン城。

 

美しいアーチを描いてロット川へと映し出される15世紀の橋は多くの巡礼者に親しまれ、ユネスコの世界遺産の一部としても登録されています。

 

毎年7月には伝統の中世祭りが開催され、まるで当時から時の流れが止まったかのような光景に心を打たれます。

 

主な見どころ:エスタン城、ロット川に架かる橋など

サン・コーム・ドルト

【愛らしいよじれたとんがり屋根の村】

 

この村も中世から宿場町として栄え、先ほど紹介したエスタンへと続く巡礼路はユネスコの世界遺産にもなっています。サン・コーム・エ・サン・ダミアン教会は、緩やかにらせんを描いた珍しい構造の屋根が特徴的。また365本にものぼる釘が打ちつけられた16世紀の教会の扉も見ごたえがあります。また防衛的な造りとルネサンス様式とが交わるサン・コーム・ドルト城は、起源を12世紀にまで遡る歴史ある建築物です。

 

主な見どころ:サン・コーム・エ・サン・ダミアン教会、サン・コーム・ドルト城など

サン・コーム・ドルト

【愛らしいよじれたとんがり屋根の村】

 

この村も中世から宿場町として栄え、先ほど紹介したエスタンへと続く巡礼路はユネスコの世界遺産にもなっています。

 

サン・コーム・エ・サン・ダミアン教会は、緩やかにらせんを描いた珍しい構造の屋根が特徴的。

 

また365本にものぼる釘が打ちつけられた16世紀の教会の扉も見ごたえがあります。

 

また防衛的な造りとルネサンス様式とが交わるサン・コーム・ドルト城は、起源を12世紀にまで遡る歴史ある建築物です。

 

主な見どころ:サン・コーム・エ・サン・ダミアン教会、サン・コーム・ドルト城など

サン・テュラリー・ドルト

【芸術家の集う丸石の村】

 

長閑な雰囲気に包まれたロット渓谷に佇むこの村は、川から採れた丸石を使った民家や石畳の道が魅力。かつてはなめし革や織物の製造で栄え、川沿いには水車が残り、風情ある風景が広がっています。サン・テュラリー教会は11世紀にその歴史を遡り、ロマネスク様式とゴシック様式が交わる美しい教会。中世の城を15世紀に改装したサン・テュラリー城は、円柱状の塔を備えた姿が印象的です。

 

主な見どころ:サン・テュラリー教会、サン・テュラリー城など

Photoed by bebatut – flickr

サン・テュラリー・ドルト

【芸術家の集う丸石の村】

 

長閑な雰囲気に包まれたロット渓谷に佇むこの村は、川から採れた丸石を使った民家や石畳の道が魅力。

 

かつてはなめし革や織物の製造で栄え、川沿いには水車が残り、風情ある風景が広がっています。

 

サン・テュラリー教会は11世紀にその歴史を遡り、ロマネスク様式とゴシック様式が交わる美しい教会。

 

中世の城を15世紀に改装したサン・テュラリー城は、円柱状の塔を備えた姿が印象的です。

 

主な見どころ:サン・テュラリー教会、サン・テュラリー城など

Photoed by bebatut – flickr




ソヴテール・ド・ルエルグ

【広場を取り囲むフランス王家の計画都市】

 

中世のフランス王フィリップ3世の庇護の下、豊穣な大地が広がるセガラ地方の中心に築かれたこの村。碁盤の目状に道路が交差するバスティードと呼ばれる計画都市の典型的な造りをしており、村の中央にはアーケードを備えた広場が佇んでいます。14世紀に建てられたサン・クリストフ参事会教会は、南仏ゴシック様式の厳かな外観が特徴的。村の中では多くの芸術家のアトリエが軒を連ねており、現在でも活気溢れる雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

主な見どころ:サン・クリストフ参事会教会など




ソヴテール・ド・ルエルグ

【広場を取り囲むフランス王家の計画都市】

 

中世のフランス王フィリップ3世の庇護の下、豊穣な大地が広がるセガラ地方の中心に築かれたこの村。

 

碁盤の目状に道路が交差するバスティードと呼ばれる計画都市の典型的な造りをしており、村の中央にはアーケードを備えた広場が佇んでいます。

 

14世紀に建てられたサン・クリストフ参事会教会は、南仏ゴシック様式の厳かな外観が特徴的。

 

村の中では多くの芸術家のアトリエが軒を連ねており、現在でも活気溢れる雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

主な見どころ:サン・クリストフ参事会教会など

ラ・クヴェルトワラード

【石灰岩台地に眠るテンプル騎士団の村】

 

ユネスコの世界遺産「コースとセヴェンヌの地中海農牧業の文化的景観」を構成しているこの村では、この地域一帯に強い影響力を持ったテンプル騎士団の足跡の数々を辿ることが出来ます。12世紀のラ・クヴェルトワラード城や15世紀に再建された城壁は、テンプル騎士団によって建設されたもの。また同じくテンプル騎士団によって建立された14世紀のサン・クリストル教会は、いびつな形の岩山に上に佇む神秘的な教会です。

 

主な見どころ:サン・クリストル教会、ラ・クヴェルトワラード城など

Photoed by kmaschke– Flickr

ラ・クヴェルトワラード

【石灰岩台地に眠るテンプル騎士団の村】

 

ユネスコの世界遺産「コースとセヴェンヌの地中海農牧業の文化的景観」を構成しているこの村では、この地域一帯に強い影響力を持ったテンプル騎士団の足跡の数々を辿ることが出来ます。

 

12世紀のラ・クヴェルトワラード城や15世紀に再建された城壁は、テンプル騎士団によって建設されたもの。

 

また同じくテンプル騎士団によって建立された14世紀のサン・クリストル教会は、いびつな形の岩山に上に佇む神秘的な教会です。

 

主な見どころ:サン・クリストル教会、ラ・クヴェルトワラード城など

Photoed by kmaschke– Flickr

ペイル

【凝灰岩の崖に埋め込まれた村】

 

コース高原地帯の急峻な崖の麓に佇むこの村は、巨大な岩盤の上に直接建てられた明るい石造りの民家が穏やかな流れのタルン川へと映し出されます。そんなこの集落を象徴するのが岩山を削るようにして建てられた、半穴居様式のサン・クリストフ教会。その歴史を11世紀に遡り、岩肌が剥き出しになったミステリアスな雰囲気漂う教会内では現代芸術の展示が行われています。また村の郊外に佇む、14世紀の鳩小屋も必見です。

 

主な見どころ:サン・クリストフ教会など

Photoed by alh1– Flickr

ペイル

【凝灰岩の崖に埋め込まれた村】

 

コース高原地帯の急峻な崖の麓に佇むこの村は、巨大な岩盤の上に直接建てられた明るい石造りの民家が穏やかな流れのタルン川へと映し出されます。

 

そんなこの集落を象徴するのが岩山を削るようにして建てられた、半穴居様式のサン・クリストフ教会。

 

その歴史を11世紀に遡り、岩肌が剥き出しになったミステリアスな雰囲気漂う教会内では現代芸術の展示が行われています。

 

また村の郊外に佇む、14世紀の鳩小屋も必見です。

 

主な見どころ:サン・クリストフ教会など

Photoed by alh1– Flickr

ナジャック

【丘の上に佇むフランス国王の城塞都市】

 

アヴェロン渓谷を一望することの出来る、岩山の上に建てられたかつての要塞が村のシンボル。12世紀に建てられたナジャック城は、13世紀にフランス王ルイ9世の命により要塞となりました。13世紀に建てられたサン・ジャン教会は尖った湾曲を描く南仏風のオジーヴ技法は用いられており、この地域で最も歴史あるゴシック様式の教会と言われています。また14世紀に作られた噴水は、直径2mにも及ぶ一枚岩の花崗岩を切り出して作られたもので見ごたえがあります。

 

主な見どころ:ナジャック城、サン・ジャン教会など

Photoed by Tony Hisgett– Flickr

ナジャック

【丘の上に佇むフランス国王の城塞都市】

 

アヴェロン渓谷を一望することの出来る、岩山の上に建てられたかつての要塞が村のシンボル。

 

12世紀に建てられたナジャック城は、13世紀にフランス王ルイ9世の命により要塞となりました。

 

13世紀に建てられたサン・ジャン教会は尖った湾曲を描く南仏風のオジーヴ技法は用いられており、この地域で最も歴史あるゴシック様式の教会と言われています。

 

また14世紀に作られた噴水は、直径2mにも及ぶ一枚岩の花崗岩を切り出して作られたもので見ごたえがあります。

 

主な見どころ:ナジャック城、サン・ジャン教会など

Photoed by Tony Hisgett– Flickr

ベルカステル

【再び命を吹き込まれた美しい城下街】

 

アヴェロン川の畔に佇むこの村は、かつてはサンディアゴ巡礼の宿場町として、また塩を運ぶ貿易路として多くの巡礼者や商人が行き交いました。11世紀に建てられたベルカステル城は一時は荒廃してしまったものの、1970年代に地元の建築家の手によって美しい姿を取り戻しました。中世の橋を渡った先に位置するサント・マドレーヌ教会は15世紀の建築で、緑の羽衣を纏った閑静な姿はまるで妖精の魔法にかけられたかのような趣です。

 

主な見どころ:ベルカステル城、サント・マドレーヌ教会など

ベルカステル

【再び命を吹き込まれた美しい城下街】

 

アヴェロン川の畔に佇むこの村は、かつてはサンディアゴ巡礼の宿場町として、また塩を運ぶ貿易路として多くの巡礼者や商人が行き交いました。

 

11世紀に建てられたベルカステル城は一時は荒廃してしまったものの、1970年代に地元の建築家の手によって美しい姿を取り戻しました。

 

中世の橋を渡った先に位置するサント・マドレーヌ教会は15世紀の建築で、緑の羽衣を纏った閑静な姿はまるで妖精の魔法にかけられたかのような趣です。

 

主な見どころ:ベルカステル城、サント・マドレーヌ教会など

ブルッス・ル・シャトー

【城に見守られた中世の防衛拠点】

 

フランス語で城を意味する「シャトー」という語が入ったその名の通り、中世の強固な造りの城が集落を見守ります。村を縁取るアルランス川に架けられたゴシック様式の橋は14世紀に建てられたもので、中世にタイムスリップしたかのような石積みの外観が印象的。15世紀のサン・ジャック・ル・マジュール教会は要塞化した造りをしており、向かいには趣のある小礼拝堂と墓地が佇んでいます。

 

主な見どころ:ブルッス・ル・シャトー城、サン・ジャック・ル・マジュール教会など

ブルッス・ル・シャトー

【城に見守られた中世の防衛拠点】

 

フランス語で城を意味する「シャトー」という語が入ったその名の通り、中世の強固な造りの城が集落を見守ります。

 

村を縁取るアルランス川に架けられたゴシック様式の橋は14世紀に建てられたもので、中世にタイムスリップしたかのような石積みの外観が印象的。

 

15世紀のサン・ジャック・ル・マジュール教会は要塞化した造りをしており、向かいには趣のある小礼拝堂と墓地が佇んでいます。

 

主な見どころ:ブルッス・ル・シャトー城、サン・ジャック・ル・マジュール教会など