ジュラの最も美しい村

 

フランスとスイスを分け隔てるジュラ山地が生み出す壮大な自然が魅力的なこの地域。中世にはブルゴーニュ伯爵によって治められ、15世紀に当時のヨーロッパで大きな影響力を誇っていた神聖ローマ帝国の領地となったことが、この地域に他とは異なる文化的な特色を与えています。豊かな食文化も魅力的で、濃厚な旨味を楽しめるハードタイプのチーズ「コンテ」や、季節限定で生産される冬の風物詩とも言うべきチーズ「モン・ドール」など、フランス屈指の人気を誇るチーズの生産地としても知られています。

ジュラの最も美しい村

 

フランスとスイスを分け隔てるジュラ山地が生み出す壮大な自然が魅力的なこの地域。

 

中世にはブルゴーニュ伯爵によって治められ、15世紀に当時のヨーロッパで大きな影響力を誇っていた神聖ローマ帝国の領地となったことが、この地域に他とは異なる文化的な特色を与えています。

 

豊かな食文化も魅力的で、濃厚な旨味を楽しめるハードタイプのチーズ「コンテ」や、季節限定で生産される冬の風物詩とも言うべきチーズ「モン・ドール」など、フランス屈指の人気を誇るチーズの生産地としても知られています。




【フランシュ・コンテ地方の見どころ】

 

フランス東部のジュラ山脈の麓に広がる地域は、フランシュ・コンテ地方という名称でも呼ばれています。中心都市のブザンソンは、丘の上に佇む軍事要塞が街のシンボル。ユネスコの世界遺産にも認定されている「ヴォーバンの防衛施設群」を代表する城塞システムとして有名です。

 

その他にも、『サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産』としてユネスコの世界遺産に登録されている製塩業に関する産業建築が残るのもこの地域ならではの魅力となっています。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

このページでは旧フランシュ・コンテ地域圏に点在する4つの「フランスの最も美しい村」協会加盟村を紹介しています。雄大な自然と調和するように佇むこの地域の村の魅力をぜひ感じてみてくださいね。

【フランシュ・コンテ地方の見どころ】

 

フランス東部のジュラ山脈の麓に広がる地域は、フランシュ・コンテ地方という名称でも呼ばれています。

 

中心都市のブザンソンは、丘の上に佇む軍事要塞が街のシンボル。ユネスコの世界遺産にも認定されている「ヴォーバンの防衛施設群」を代表する城塞システムとして有名です。

 

その他にも、『サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産』としてユネスコの世界遺産に登録されている製塩業に関する産業建築が残るのもこの地域ならではの魅力となっています。

 

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村々

 

このページでは旧フランシュ・コンテ地域圏に点在する4つの「フランスの最も美しい村」協会加盟村を紹介しています。

 

雄大な自然と調和するように佇むこの地域の村の魅力をぜひ感じてみてくださいね。

ペム

【オニョン川の水面に移る中世の村】

 

フランシュ・コンテ地方とブルゴーニュ地方の境目に位置するこの村は、高さ40mの崖の上に佇む自然の要塞として発展。鮮やかなモザイク模様の屋根が特徴的なサン・ティレール教会からは、ブルゴーニュ文化の影響を感じます。中世には商業都市としての地位を確立し、村内を歩けば豪華な造りの館の数々を見ることが出来ます。ペム風タルトなど、ユニークな食文化が息づいているのもこの村の魅力です。

 

主な見どころ:ペム城、サン・ティレール教会など

ペム

【オニョン川の水面に移る中世の村】

 

フランシュ・コンテ地方とブルゴーニュ地方の境目に位置するこの村は、高さ40mの崖の上に佇む自然の要塞として発展。

 

鮮やかなモザイク模様の屋根が特徴的なサン・ティレール教会からは、ブルゴーニュ文化の影響を感じます。

 

中世には商業都市としての地位を確立し、村内を歩けば豪華な造りの館の数々を見ることが出来ます。

 

ペム風タルトなど、ユニークな食文化が息づいているのもこの村の魅力です。

 

主な見どころ:ペム城、サン・ティレール教会など

【川のせせらぎが癒しの音を奏でる村】

 

フランシュ・コンテ地方の中心都市ブザンソンから南東へ45kmほど進んだ、ルー渓谷の麓にひっそりと佇んでいるこの村。中世にはワイン醸造と鍛冶産業により発展し、当時の建築物が栄光の歴史を今に伝えています。村の脇を流れるルー川で採れる、ニジマスを使った料理は村の名物。茶褐色の屋根に統一された集落は透明で清らかな川と豊かな山林に囲まれ、のんびりとした時間の流れる長閑な村の魅力に溢れています。

 

主な見どころ:サン・テオドゥール教会、ロ城など

【川のせせらぎが癒しの音を奏でる村】

 

フランシュ・コンテ地方の中心都市ブザンソンから南東へ45kmほど進んだ、ルー渓谷の麓にひっそりと佇んでいるこの村。

 

中世にはワイン醸造と鍛冶産業により発展し、当時の建築物が栄光の歴史を今に伝えています。

 

村の脇を流れるルー川で採れる、ニジマスを使った料理は村の名物。

 

茶褐色の屋根に統一された集落は透明で清らかな川と豊かな山林に囲まれ、のんびりとした時間の流れる長閑な村の魅力に溢れています。

 

主な見どころ:サン・テオドゥール教会、ロ城など

シャトー・シャロン

【崖の上で輝くヴァン・ジョーヌの聖地】

 

ブレス平野とセイユ渓谷を見下ろす断崖絶壁の上に築かれたこの村は、ジュラ地方を代表する特産品であるヴァン・ジョーヌの産地として世界的にその名を知られています。崖の斜面に沿って整備された段々畑に調和して佇む集落は、絵葉書のような情景。村の発展を支えたシャトー・シャロン城とベネディクト会修道院は、すでにその姿のほとんどを失ってしまっているものの、サン・ピエ―ル教会に残された宝物の数々が過去の威光を語り継いでいます。

 

主な見どころ:シャトー・シャロン城、サン・ピエ―ル教会など

シャトー・シャロン

【崖の上で輝くヴァン・ジョーヌの聖地】

 

ブレス平野とセイユ渓谷を見下ろす断崖絶壁の上に築かれたこの村は、ジュラ地方を代表する特産品であるヴァン・ジョーヌの産地として世界的にその名を知られています。

 

崖の斜面に沿って整備された段々畑に調和して佇む集落は、絵葉書のような情景。

 

村の発展を支えたシャトー・シャロン城とベネディクト会修道院は、すでにその姿のほとんどを失ってしまっているものの、サン・ピエ―ル教会に残された宝物の数々が過去の威光を語り継いでいます。

 

主な見どころ:シャトー・シャロン城、サン・ピエ―ル教会など

ボーム・レ・メシュー

【断崖絶壁の谷底に佇む村】

 

高さ200mにもおよぶ崖に挟まれて佇むこの村は、神聖ローマ皇帝直属の修道院と共に発展してきました。この地域のロマネスク建築の傑作と謳われる、アンペリアル修道院は必見。金色に輝く16世紀フランドル学派の祭壇画などが大切に受け継がれ、敷地内は荘厳な雰囲気が漂います。また全長1kmにも及ぶ自然の洞窟やトゥフの滝など、ジュラ地方を代表するようなダイナミックな自然に触れることが出来るのも魅力的です。

 

主な見どころ:アンペリアル修道院、ボーム洞窟など

ボーム・レ・メシュー

【断崖絶壁の谷底に佇む村】

 

高さ200mにもおよぶ崖に挟まれて佇むこの村は、神聖ローマ皇帝直属の修道院と共に発展してきました。

 

この地域のロマネスク建築の傑作と謳われる、アンペリアル修道院は必見。

 

金色に輝く16世紀フランドル学派の祭壇画などが大切に受け継がれ、敷地内は荘厳な雰囲気が漂います。

 

また全長1kmにも及ぶ自然の洞窟やトゥフの滝など、ジュラ地方を代表するようなダイナミックな自然に触れることが出来るのも魅力的です。

 

主な見どころ:アンペリアル修道院、ボーム洞窟など