ヴーヴァン

【蛇の尾を持つ妖精の伝説が伝わる村】

 

広大なメルヴァン・ヴーヴァンの豊かな森と、

穏やかなメール川の流れに寄り添いながら佇むこの村。

10世紀にアキテーヌ公ギヨーム4世が狩りの最中に発見した地と言われ、

11世紀以降は戦略的重要性から城や教会、修道院が築かれ発展した。

六角形の鐘楼を持つ教会の周囲に建ち並ぶえんじ色の屋根の家々。

強固な城壁と優美な自然に縁取られるこの村の見事な景観は、

数多くの芸術家にインスピレーションを与え続けている。

ヴーヴァン

【蛇の尾を持つ妖精の伝説が伝わる村】

 

広大なメルヴァン・ヴーヴァンの豊かな森と、穏やかなメール川の流れに寄り添いながら佇むこの村。

 

10世紀にアキテーヌ公ギヨーム4世が狩りの最中に発見した地と言われ、11世紀以降は戦略的重要性から城や教会、修道院が築かれ発展した。

 

六角形の鐘楼を持つ教会の周囲に建ち並ぶえんじ色の屋根の家々。

 

強固な城壁と優美な自然に縁取られるこの村の見事な景観は、数多くの芸術家にインスピレーションを与え続けている。




ノートル・ダム教会

 

11世紀に建てられたノートル・ダム教会は、六角形の鐘楼が特徴的な美しいロマネスク様式が見事。細かな彫刻が施された門は、下部のアーチ部分が12世紀、上部が15世紀と制作年が分かれており、異なる趣を楽しむことが出来る。

 

12世紀の後陣は美しい半円形のフォルムが印象的で、教会内には11世紀当時の地下礼拝堂が残されている。また裏側にあるジャルダン・ドゥ・プリウーレと呼ばれる小さくて可愛らしい庭は、教会の美しさを惹きたてている。

ノートル・ダム教会

11世紀に建てられたノートル・ダム教会は、六角形の鐘楼が特徴的な美しいロマネスク様式が見事。

 

細かな彫刻が施された門は、下部のアーチ部分が12世紀、上部が15世紀と制作年が分かれており、異なる趣を楽しむことが出来る。

 

12世紀の後陣は美しい半円形のフォルムが印象的で、教会内には11世紀当時の地下礼拝堂が残されている。

 

また裏側にあるジャルダン・ドゥ・プリウーレと呼ばれる小さくて可愛らしい庭は、教会の美しさを惹きたてている。

奇跡の中庭

 

ヴーヴァンには2つの興味深い伝説が残されている。一つはモンフォール神父に関するものであり、その話によればある冬の日、実るはずもないサクランボが中庭で真っ赤に熟し、病気の子供を直したという。

 

その場所は奇跡の中庭と呼ばれ、現在も実際に訪れることが出来る。晴れた日には多くの住民が集まり、愉快に会話を楽しむ憩いの場となっている。

奇跡の中庭

ヴーヴァンには2つの興味深い伝説が残されている。

 

一つはモンフォール神父に関するものであり、その話によればある冬の日、実るはずもないサクランボが中庭で真っ赤に熟し、病気の子供を直したという。

 

その場所は奇跡の中庭と呼ばれ、現在も実際に訪れることが出来る。晴れた日には多くの住民が集まり、愉快に会話を楽しむ憩いの場となっている。

メリュジーヌの塔

 

もう一つの伝説は、蛇の尾を持つ妖精メリュジーヌに関するもの。失意の中森をさまようレモンダン伯爵(Raimondin)が、泉のほとりで美しい女性メリュジーヌと恋に落ち、結婚後はポワティエ各地に城や修道院を築き勢力を拡大する。しかし、絶対に覗かないと約束した地下室を隠し見た際に、下半身が蛇となったメリュジーヌを発見してしまう。呪いにより永遠の別れを余儀なくされるが、現在でも彼を想い廃墟となった塔の周りに現れるのだという。

 

メリュジーヌの塔(Tour Mélusine)と名付けられた主塔は、伝説の舞台となったと言われるリュシニャン城の遺物である。塔の頂上に登ることができ、屋上からは周囲を取り囲む豊かな自然と、えんじ色の丸瓦の屋根に統一された美しい村の景観を眺めることが出来る。

メリュジーヌの塔

もう一つの伝説は、蛇の尾を持つ妖精メリュジーヌに関するもの。

 

失意の中森をさまようレモンダン伯爵(Raimondin)が、泉のほとりで美しい女性メリュジーヌと恋に落ち、結婚後はポワティエ各地に城や修道院を築き勢力を拡大する。

 

しかし、絶対に覗かないと約束した地下室を隠し見た際に、下半身が蛇となったメリュジーヌを発見してしまう。

 

呪いにより永遠の別れを余儀なくされるが、現在でも彼を想い廃墟となった塔の周りに現れるのだという。

 

メリュジーヌの塔(Tour Mélusine)と名付けられた主塔は、伝説の舞台となったと言われるリュシニャン城の遺物である。

 

塔の頂上に登ることができ、屋上からは周囲を取り囲む豊かな自然と、えんじ色の丸瓦の屋根に統一された美しい村の景観を眺めることが出来る。

中世の趣溢れる村

 

村を取り囲む城壁や、街の外へ素早く移動するための13世紀の隠し通路がヴーヴァンの城の足跡を伝えている。またメール川を跨ぐように架かる、13~15世紀にかけて建てられた中世の橋は見事。その先には、村の共同洗濯場が残されておりかつての生活の様子を伺い知ることが出来る。

 

「画家の村ヴーヴァン(Vouvant, village de peintre)」という市民団体に所属する数多くのアーティストによって、村の日常に活気がもたらされている。とりわけ夏には様々な催し物が企画され、芸術的で神秘的な村の魅力が訪れた人々の心を掴んでいる。

中世の趣溢れる村

村を取り囲む城壁や、街の外へ素早く移動するための13世紀の隠し通路がヴーヴァンの城の足跡を伝えている。

 

またメール川を跨ぐように架かる、13~15世紀にかけて建てられた中世の橋は見事。

 

その先には、村の共同洗濯場が残されておりかつての生活の様子を伺い知ることが出来る。

 

「画家の村ヴーヴァン(Vouvant, village de peintre)」という市民団体に所属する数多くのアーティストによって、村の日常に活気がもたらされている。

 

とりわけ夏には様々な催し物が企画され、芸術的で神秘的な村の魅力が訪れた人々の心を掴んでいる。

ヴーヴァンについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

ヴァンデ県ヴーヴァン(ヴヴァン、ヴーヴォン、ヴヴォン)/Vouvant (VENDÉE)

面積:20,42 km2

人口:860人(2016年現在)

2019年03月26日:ページ更新

2020年7月23日:ページ更新

行き方

通学用のバス以外での村へのアクセスは無いため、近郊の街からタクシーの利用をお勧めします。

 

2019年にこの村を訪れた際はブルターニュ地方の中心都市レンヌからレンタカーを利用しました。村の入口にあるメリュジーヌの塔の前に大きな駐車場が整備されており、車での移動も安心です。

パリ・モンパルナス駅(Paris Montparnasse 1 et 2)からTGVに乗って、ニオール駅(Niort)下車。(約2時間10分)

ニオール駅前からタクシーに乗って、ヴーヴァン中心部へ(約50分)

ナント(Nantes)から130km(約1時間20分)

ラ・ロシェル(La Rochelle)から80km(約1時間10分)

ナント・アトランティック空港(Aéroport Nantes Atlantique)から130km(約1時間20分)

紹介動画

フランスの人気テレビ番組「フランス人が選ぶお気に入りの村」で、2014年にヴーヴァンがノミネートされた際の動画がYoutubeの「Le Pays préféré des Français」公式チャンネルにて紹介されています。この村の魅力が詰まった動画で、見たら行ってみたくなること間違いなしです。映像だけでも十分に楽しめますが、順次日本語訳を紹介していく予定なので楽しみにお待ちいただければ幸いです。

メリュジーヌの塔へ登るには?

通常はメリュジーヌの塔のある広場に面した観光協会で、塔の入口の扉の鍵を受け取ることが出来ます。観光協会が閉まっている冬季には、広場から旧市街へと向かうとすぐの場所にあるカフェ・メリュジーヌ(Café Mélusine)にて鍵を受け取ることが出来ます。

 

入場料はかかりますが、自然と調和して佇む美しいヴーヴァンの街並みを見渡すことが出来るのでお勧めです。




ヴーヴァンのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。ヴーヴァンにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア9.2と高評価なこのホテルは、ノートル・ダム教会のすぐ脇に位置しているので村の散策に便利です。1階はカフェ&レストランとして営業しているので、食事にも困りません。4人まで宿泊可能な部屋も備えているので、家族での利用もお勧めです。料金は2名1泊で70€(朝食込)、4名1泊では130€(朝食込)と良心的です。

Booking.comの総合スコア9.1と高評価なこの宿泊施設は、中心市街地に位置する民家の一室を借りることが出来ます。温かいホストが迎え入れてくれ、ホームステイしたかのような滞在を楽しめるでしょう。また手作りの朝食も人気のようです。料金は2名1泊で60€(朝食込)と良心的です。



Booking.com




スポンサーリンク




次の美しい村を巡る