Lods

川のせせらぎが癒しの音を奏でる村

ルー川(Loue)の源流から数キロメートルほど離れた場所に、中世の時代にはワイン醸造と鍛冶屋で栄えたロの村は佇んでいる。村に残る共同洗濯場は、かつての暮らしを今に伝えている。

 

バロック様式の外観と石灰岩の鐘楼が美しい17世紀のサン・テオドゥール教会(Église Saint-Théodule)は、ブザンソン出身の建築家ジャン=ピエール・ガルゾ(Jean-Pierre Galezot)の手によって建てられた。

 

13世紀にトレーズ候(Sires de Thoraise)の館として建てられたロの城は、ルー川の往来と塩の交易をコントロールするために、その後領主によって所有されることとなる。フランス革命時に一時差し押さえとなったが、現在はフランシュ―コンテ地方の画家ロジャー・ロイ(Roger Roy)によって所有されている。一般公開はされていないものの、外から強固な城の姿を眺めることが出来る。

 

現在村内でのブドウ栽培は行われていないが、アーチ状の広いカーヴを備えた、16世紀から17世紀に建てられたブドウ農家の民家が保存されている。また、16世紀の美しい館にはブドウとワインの博物館が備え付けられており、対岸にはかつての鍛冶屋の建物が残されている。これらの歴史的建築物を散策することで、村に繁栄をもたらした産業の足跡を見ることが出来るだろう。

 

このドゥー県(Doubs)に位置する小さな村は、長い間川の生み出す水力エネルギーを活用してきた。また、静かで清らかなルー川(Loue)では、透き通った流れの中にニジマスが優雅に泳いでいる。ニジマスを使った料理は村の名物となっているので、レストランに入った時にはぜひ味わいたい。

 

ロの村には、フランシュ・コンテ地方で今なお語り継がれる、大蛇の伝説が残っている。価値を付けることも出来ないような貴重な宝石を額につけるとされ、人々はわがものにしようと必死に探した。この物語は、2010年にこの村を訪れたエドウィン・ベイリ(Edwin Baily)監督にインスピレーションを与え、「大蛇の巣穴(Le Repaire de la vouivre)」としてドラマ化された際には一躍脚光を浴びた。

 

村に到着するとルー川のせせらぎが奏でる癒しの音が私たちを迎える。対岸からは、古い小さな石橋の先に、茶褐色の屋根が重なり合いながら軒を連ねる民家が水面に反射し、頂上に突き出たとんがり屋根の教会が可愛らしい絵葉書のような光景が広がっている。

 

【もっと詳しい記事はこちらから】




ドゥー県ロ/Lods (DOUBS)

※ロードやロッドという日本読みを採用している所もあるが、最後の「ds」の音は発音しないため間違い

面積:6,25km2

人口:224人(2015年現在)

公共交通機関の場合:詳しい行き方はこちらの記事で紹介しています。

パリ・リヨン駅(Paris Gare de Lyon)からTGVに乗って、ブザンソン・フランシュ=コンテTGV(Besançon Franche-Comté TGV)駅で、在来線に乗り換えて、ブザンソン・ヴィオット(Besançon Viotte)駅下車(※約2時間40分)

※その他、ディジョン(Dijon)経由など様々なパターンがあるので、事前に乗り継ぎを調べることを推奨

ブザンソン駅前停留所(BESANCON PME Viotte)から、ドゥー交通A線(Mobidoubs Ligne A)に乗って、ロ・オテル・ド・フランス停留所(LODS Hôtel de France)下車(約1時間)

車の場合:

パリ(Paris)から460km(約4時間40分)

リヨン(Lyon)から240km(約2時間50分)

ボーヌ(Beaune)から150km(約1時間40分)

ディジョン(Dijon)から140km(約1時間40分)

ブザンソン(Besançon)から50km(約50分)

飛行機の場合:

リヨン・サン・テグジュベリ空港(Lyon-Saint Exupery)から230km(約2時間50分)

ジュネーヴ国際空港(Aéroport international de Genève)から140km(約1時間50分)

「フランスの最も美しい村」協会 加盟村(1998年加盟)

2018年11月4日:ページ更新

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る