【ロ】ブザンソンから日帰り可能なフランスの最も美しい村への行き方

バスで日帰り可能なフランスの最も美しい村

「フランスの最も美しい村」協会に加盟する多くの村は、公共交通機関のみで行くことが難しい村ばかりです。前回はリヨンからアクセスの良い、ペルージュという村を紹介しましたが、今回はブザンソンからバスで日帰りが可能な「ロ(lods)」(×ロッド・ロッズ)という最も美しい村の行き方を紹介します。

ブザンソンに行く機会があれば、ぜひ一緒に訪れてほしいオススメの村です。

今回はバスを使って「ロ(lods)」の村を訪れたので、参考にして頂ければ幸いです。

【村の紹介はこちらから】

【ロ】ブザンソンでのバスの乗り方

ブザンソンとポンタルリエを結ぶオルナン経由A線のバスがMobidoubs社から運行しており、片道3.5ユーロで乗ることが出来ます。乗り場はブザンソン・ヴィオット駅(Besançon Viotte)のすぐ正面なので、迷うことが無くて安心です。

※TGVを利用してブザンソンに来る場合ブザンソン・フランシュ・コンテ・TGV駅(Gare de Besançon Franche-Comté TGV)からブザンソン・ヴィオット駅へ乗り換えが必要です。ブザンソン・ヴィオット駅は旧市街に最も近い駅でもあるので旅行の計画を立てる際は間違わないようにしましょう。



注意点としては、

①バス内でのアナウンス無しに停留所を通り過ぎていくので、「ロに行きたいので、着いた時に教えてください」と運転手さんに伝えておくと乗り過ごさず安心です。ロ・オテル・ド・フランス(Lods:Hôtel de France)が最寄の停留所になります。
②ブザンソンとポンタルリエを結ぶA線エクスプレス(Ligne A Express)に乗ると、「ロ」を経由しないので注意してください。

【ペルージュ】バス停から最も美しい村への行き方

最寄のバス停はロ・オテル・ド・フランス(Lods:Hôtel de France)という場所で、その名の通りオテル・ド・フランス(Hôtel de France)というホテルの正面に到着します。村で唯一の宿泊施設、レストラン、カフェ/バーになっていて、旧市街の中心には休めるところが無いので、食事など計画を持って行動するようにしましょう。


【おまけ】オテル・ド・フランス

宿泊価格や訪問日のメニューなどについて紹介するので、旅の参考にして頂ければ幸いです。

宿泊料金:一泊43ユーロ~61ユーロ(+宿泊税)
朝食:8ユーロ
サービスランチコース(※平日の1時まで注文可能):12ユーロ
– Ex. ニジマスのタンバル(型詰め)のグリル+バスク風鳥の煮込み+チーズもしくはデザート
Aコース:19ユーロ
– モンドール・チーズのカリカリ焼き+豚ひれ肉とセージ風味のバターソース+チーズもしくはデザート
Bコース:25ユーロ
– キノコのパイ包み+ボンヌヴォー(Bonnevaux:ロ近郊の村)産ニジマスの料理+チーズもしくはデザート
レストラン営業時間(時間外にカフェ/バーとしての利用は可能)
昼:12時~13時、夜:要確認
問い合わせ電話番号:+33 (0)3 81 60 95 29
ホームページhttp://www.hoteldefrancelods.com/

【ロ】バスの時間について

バスの乗車時間は約1時間です。また、曜日によっても運行時間と本数が異なるので事前に確認の上、計画を持って旅を楽しんでください。

※フランスのバスは遅れることが日常茶飯事ですので、予定の時間にバスが来なくても気長に待っていてください。実際に、帰りのロ停留所で15分程度の遅れを経験しています。

最新の時刻表から、ブザンソン-ロ間の時刻を記しましたので参考にして下さい。

【行き】
ブザンソン-ロ
※ロは最寄のLODS(Hôtel de France)停留所を利用
【月曜日~金曜日】
05:45 – 06:35
07:10 – 08:06
08:30 – 09:31
12:20 – 13:21
16:30 – 17:31
17:30 – 18:31
18:35 – 19:36
【土曜日】
07:10 – 08:06
09:15 – 10:10
12:20 – 13:15
17:15 – 18:11
【日曜日・祝祭日】
09:15 – 10:10
12:20 – 13:15
17:15 – 18:11
【帰り】
ロ-ブザンソン
※ロは最寄のLODS(Hôtel de France)停留所を利用
【月曜日~金曜日】
06:16 – 07:15
07:26 – 08:25
09:31 – 10:30
13:01 – 14:00
17:01 – 18:00
19:21 – 20:20
【土曜日】
07:31 – 08:30
09:41 – 10:40
13:11 – 14:10
17:56 – 18:55
【日曜日・祝祭日】
09:41 – 10:40
13:11 – 14:10
17:56 – 18:55
※↑7月・8月のみ
19:26 – 20:25

フランシュ・コンテ地方の中心地ブザンソンは、少し行きにくい場所でもあります。せっかくこの都市を訪れるならば、世界遺産ヴォーバンの城砦と一緒に「最も美しい村」にも立ち寄ってみてください。「フランスの最も美しい村」の持つ魅力の虜になることでしょう!

【一緒に読みたい】

Share your thoughts