シャスピエール

【妖精が訪れる「石の家」の村】

 

ラテン語で「石の家」を意味する「Casa」と「Petra」から名付けられたこの村は、

優美な曲線を描いて流れるスモア川に沿って

自然と調和しながら佇んでいる。

ケスタと呼ばれる異なる固さの地層が生み出す、

非対称的な山の背を持つ丘陵地帯が美しい街並みを惹きたてる。

対岸の散策路からのんびりと村を眺めれば、

まるで魔法にかけられたかのように時が経つのを忘れてしまうだろう。

シャスピエール

【妖精が訪れる「石の家」の村】

 

ラテン語で「石の家」を意味する「Casa」と「Petra」から名付けられたこの村は、優美な曲線を描いて流れるスモア川に沿って自然と調和しながら佇んでいる。

 

ケスタと呼ばれる異なる固さの地層が生み出す、非対称的な山の背を持つ丘陵地帯が美しい街並みを惹きたてる。

 

対岸の散策路からのんびりと村を眺めれば、まるで魔法にかけられたかのように時が経つのを忘れてしまうだろう。




サン・マルタン教会

 

緑豊かな自然景観の中で美しく輝く純白の教会が、サン・マルタン小教区教会である。少なくとも1097年にはその場所に教会があったとされ、現在の建物は1702年バロック期の終わりに建てられた塔が備え付けられている。アルドワーズと呼ばれる石で葺かれた特徴的な形の屋根をすっぽりと被ったその時計台は、現在も村人に時を知らせ続けている。

 

教会の横に佇む重厚感のある建物は、1858年より司祭館として使われた。1790年に建てられたもので、その大きさとマンサール風の優美な屋根が他の民家と比べてもその存在を際立たせている。

サン・マルタン教会

緑豊かな自然景観の中で美しく輝く純白の教会が、サン・マルタン小教区教会である。

 

少なくとも1097年にはその場所に教会があったとされ、現在の建物は1702年バロック期の終わりに建てられた塔が備え付けられている。

 

アルドワーズと呼ばれる石で葺かれた特徴的な形の屋根をすっぽりと被ったその時計台は、現在も村人に時を知らせ続けている。

 

教会の横に佇む重厚感のある建物は、1858年より司祭館として使われた。

 

1790年に建てられたもので、その大きさとマンサール風の優美な屋根が他の民家と比べてもその存在を際立たせている。

妖精の洞窟

 

教会から下っていった先には、人間の手によって石灰質の岩クロン(cron)を掘って作られた地下廊下がある。地域の伝説によれば神秘的な生物の住処とされ、別名「妖精の洞窟(Trou des Fées)」とも呼ばれている。

 

迷路のような廊下は司祭館まで繋がっており、かつて使われていた水車の基礎も見ることが出来る。水車跡は改修されており、ミュージカルや演劇などにも用いられている。また第三期(6500万年前~170万年前)時代の地層が良い状態で見ることの出来る場所としても知られている。

妖精の洞窟

教会から下っていった先には、人間の手によって石灰質の岩クロン(cron)を掘って作られた地下廊下がある。

 

地域の伝説によれば神秘的な生物の住処とされ、別名「妖精の洞窟(Trou des Fées)」とも呼ばれている。

 

迷路のような廊下は司祭館まで繋がっており、かつて使われていた水車の基礎も見ることが出来る。

 

水車跡は改修されており、ミュージカルや演劇などにも用いられている。

 

また第三期(6500万年前~170万年前)時代の地層が良い状態で見ることの出来る場所としても知られている。

街並みを惹きたてる文化財

 

見晴台のようなフロランヴィル-ブイヨン街道からは、この村の美しい景観を見下ろすことが出来る。村内には18世紀~19世紀に建てられた多くの民家が点在し、古く良き時代を感じさせる。

 

3つのアーチが特徴的なネオ・クラシック様式の小さな建物は洗濯場として用いられていた。また、女帝マリア・テレジア統治時代に、教育の普及活動を行ったマルシー財団の建物も残る。1751年に建てられたもので、学校としての機能はもちろん、教師のための住居や食料品を保存するための地下倉庫なども備わっていた。

街並みを惹きたてる文化財

見晴台のようなフロランヴィル-ブイヨン街道からは、この村の美しい景観を見下ろすことが出来る。

 

村内には18世紀~19世紀に建てられた多くの民家が点在し、古く良き時代を感じさせる。

 

3つのアーチが特徴的なネオ・クラシック様式の小さな建物は洗濯場として用いられていた。

 

また、女帝マリア・テレジア統治時代に、教育の普及活動を行ったマルシー財団の建物も残る。

 

1751年に建てられたもので、学校としての機能はもちろん、教師のための住居や食料品を保存するための地下倉庫なども備わっていた。

道沿いの芸術国際フェスティバル

 

夏に開催される「道沿いの芸術国際フェスティバル」は、この村の名を一躍有名にした盛大なイベント。世界中から50組以上のストリートパフォーマーが参加し、二日間で実に3万人以上が訪れる村の名物となっている。

 

この祭りが初めて開催されたのは1974年の事で、ストリート・アートを扱ったものとしてはヨーロッパで最も歴史ある芸術祭として知られている。

道沿いの芸術国際フェスティバル

夏に開催される「道沿いの芸術国際フェスティバル」は、この村の名を一躍有名にした盛大なイベント。

 

世界中から50組以上のストリートパフォーマーが参加し、二日間で実に3万人以上が訪れる村の名物となっている。

 

この祭りが初めて開催されたのは1974年の事で、ストリート・アートを扱ったものとしてはヨーロッパで最も歴史ある芸術祭として知られている。

シャスピエールについて詳しく知りたい!

ベルギーの最も美しい村

リュクサンブール州フロロンヴィル町シャスピエール/Chassepierre (Florenville, PROVINCE DE LUXEMBOURG)

面積:146,91 km2 (フロロンヴィル町)

人口:5,629人(フロロンヴィル町、2018年現在)

2019年11月26日:ページ更新

2020年9月27日:ページ更新

行き方

この集落が属しているフロロンヴィルという街からバスが運行しています。しかし本数が限られるため、近郊の街からタクシーを利用するのがお勧めです。

 

2019年にこの村を訪れた際はブリュッセルからレンタカーを利用しました。ワロン地方の牧歌的な風景を眺めながらの、思い出に残るドライブになりますよ。

ブリュッセル南駅(Bruxelles-Midi)から電車に乗って、リブラモン駅(Libramont)で乗り換えて、フロロンヴィル駅(Florenville)下車。(約2時間50分)

フロロンヴィル駅からフロロンヴィル/シャンバニャ停留所(FLORENVILLE/Champagnat)へ徒歩で移動。(約30分)

フロロンヴィル/シャンバニャ停留所からワロン公共交通(TEC wallon)の36番線(ligne 36)に乗って、シャスピエール教会前停留所(CHASSEPIERRE/Eglise)

ブリュッセル(Bruxelles)から170km(約2時間10分)

ルクセンブルク(Luxembourg)から80km(約1時間20分)

ブリュッセル国際空港から170km(約2時間10分)

特産品

土産物屋などは充実していませんが、カフェが数件営業しているので休憩や簡単な飲み物を購入することが出来ます。

 

ここではシャスピエールを訪れたらぜひ味わいたい特産品を紹介させて頂きます。

ズー(Zoup)と呼ばれる食前酒は、この村でしか買うことの出来ない特産品です。リンゴジュースをベースに蜂蜜を加えた爽やかな飲み物で、夏の暑い季節にぴったりですよ!

シャスピエールのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

ベルギーの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。シャスピエールにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア9.3と高評価なこの宿泊施設は、中心市街地に位置しており村の散策に便利です。茶色を基調としたアンティーク調の客室は、調度品の1つ1つまでこだわりを感じる空間。無料の朝食も、美味しいと評判のようです。料金は2名1泊で160€(朝食込)です。



Booking.com




スポンサーリンク




次の美しい村を巡る