セル/Celles

 

【聖アドランの教えを受け継ぐ人々の村】

 

4つの小さな谷に囲まれた盆地に佇むこの村の名は、

小部屋を意味する『cellule』が語源とされ、

669年に聖アデランがこの村で隠者住まいを始めたことに由来している。

その後も彼の弟子たちがこの地域で熱心な布教活動を行ったと伝えられ、

現在も中央広場にある教会と丘の上の修道院が村のシンボルとなっている。

周囲の豊かな自然と中世から変わらない特徴的な街並みが残り、

水辺に沿って歩くとノスタルジックな想いに耽ることが出来る。

セル/Celles

 

【聖アドランの教えを受け継ぐ人々の村】

 

4つの小さな谷に囲まれた盆地に佇むこの村の名は、小部屋を意味する『cellule』が語源とされ、669年に聖アデランがこの村で隠者住まいを始めたことに由来している。

 

その後も彼の弟子たちがこの地域で熱心な布教活動を行ったと伝えられ、現在も中央広場にある教会と丘の上の修道院が村のシンボルとなっている。

 

周囲の豊かな自然と中世から変わらない特徴的な街並みが残り、水辺に沿って歩くとノスタルジックな想いに耽ることが出来る。




サン・アデラン修道院

 

小高い丘の上に見えるのは、ネオ・ロマネスク様式が美しいサン・アデラン修道院。円柱と煉瓦のアーチを組み合われたアーケードが印象的で、ライラックの花の逆さ模様が刻まれている。現在は小学校として使われており、平日は無邪気な子供たちの声が聞こえてくる。

 

修道院へと至る坂道には、この地域で産出される青色を帯びた石で作られた14個の石塔が並ぶ。この現代芸術は、キリストが十字架を背負って進んだとされる苦難の道(chemin de croix)が表現されている。また、階段を登る途中で後ろを振り返ると集落が感じ良く佇む風景が広がっている。

サン・アデラン修道院

小高い丘の上に見えるのは、ネオ・ロマネスク様式が美しいサン・アデラン修道院。

 

円柱と煉瓦のアーチを組み合われたアーケードが印象的で、ライラックの花の逆さ模様が刻まれている。

 

現在は小学校として使われており、平日は無邪気な子供たちの声が聞こえてくる。

 

修道院へと至る坂道には、この地域で産出される青色を帯びた石で作られた14個の石塔が並ぶ。

 

この現代芸術は、キリストが十字架を背負って進んだとされる苦難の道(chemin de croix)が表現されている。

 

また、階段を登る途中で後ろを振り返ると集落が感じ良く佇む風景が広がっている。

サン・アドラン教会

 

村の中心の小さな広場には、天高く伸びる八角形の尖塔が印象的なサン・アドラン・カトリック参事会教会が建っている。11世紀の建築で、ムーズ川風ロマネスク芸術の傑作と讃えられる。

 

内部に設えられた墓石や13世紀に造られた木製の聖職者席など、教会内にも見どころ豊富。また教会の塔と内陣とを結ぶようにして造られた地下礼拝堂は印象的で、かつて聖アデランの聖遺物などが収められていた。

サン・アドラン教会

村の中心の小さな広場には、天高く伸びる八角形の尖塔が印象的なサン・アドラン・カトリック参事会教会が建っている。

 

11世紀の建築で、ムーズ川風ロマネスク芸術の傑作と讃えられる。

 

内部に設えられた墓石や13世紀に造られた木製の聖職者席など、教会内にも見どころ豊富。

 

また教会の塔と内陣とを結ぶようにして造られた地下礼拝堂は印象的で、かつて聖アデランの聖遺物などが収められていた。

伝統的な住居が建ち並ぶ中心市街地

 

村は小さなサン・アデラン川の流れに沿って形成されており、川の畔や多くの民家は花に彩れている。とりわけ教会のある広場には石灰岩で建てられた伝統的な住居が建ち並び、和気あいあいとした温かみのある雰囲気が魅力となっている。

 

歴史ある扉や、(金属や陶製の)塔飾りであるエピ(épis)、(T字やX字型などの)緊結金物、金属製のフック、錠前、(馬車門に扉に取り付けられた)車止め(potales)、(地下室のための)天窓など、個性あふれる装飾を探して歩くのも楽しい。

伝統的な住居が建ち並ぶ中心市街地

村は小さなサン・アデラン川の流れに沿って形成されており、川の畔や多くの民家は花に彩れている。

 

とりわけ教会のある広場には石灰岩で建てられた伝統的な住居が建ち並び、和気あいあいとした温かみのある雰囲気が魅力となっている。

 

歴史ある扉や、(金属や陶製の)塔飾りであるエピ(épis)、(T字やX字型などの)緊結金物、金属製のフック、錠前、(馬車門に扉に取り付けられた)車止め(potales)、(地下室のための)天窓など、個性あふれる装飾を探して歩くのも楽しい。

ヴェーヴ城

 

村の中心から2キロほど足を延ばした先には、ベルギーで最も美しい城の1つと謳われるヴェーヴ城が建っている。その歴史は7世紀にサン・アドラン修道院と友好な関係を築くため、フランク王国で宮宰を務めたピピン2世が館を建設したことに遡る。9世紀にはより強固に城塞化され、現在の建物の基礎となっている。

 

また村の外れには第二次世界大戦に使われたドイツ製の戦車パンサーなども置かれており、この長閑な地域もかつては大きな戦場となっていた過去を伺い知ることが出来る。

ヴェーヴ城

村の中心から2キロほど足を延ばした先には、ベルギーで最も美しい城の1つと謳われるヴェーヴ城が建っている。

 

その歴史は7世紀にサン・アドラン修道院と友好な関係を築くため、フランク王国で宮宰を務めたピピン2世が館を建設したことに遡る。

 

9世紀にはより強固に城塞化され、現在の建物の基礎となっている。

 

また村の外れには第二次世界大戦に使われたドイツ製の戦車パンサーなども置かれており、この長閑な地域もかつては大きな戦場となっていた過去を伺い知ることが出来る。

セルについて詳しく知りたい!

ベルギーの最も美しい村

ナミュール州ウイエ町セル/Celles (Houyet, PROVINCE DE NAMUR)

面積:122,31 km2 (ウイエ町)

人口:4,876人(ウイエ町、2018年現在)

2019年12月2日:ページ更新

2021年9月26日:ページ更新

行き方

ナミュール州の中核都市ディナンから運行している、バスで訪れることが出来ます。ただし、最寄駅からも30分程歩く必要がありますので、近郊の街からタクシーを利用するのがお勧めです。

 

2019年にこの村を訪れた際はブリュッセルからレンタカーを利用しました。ワロン地方の牧歌的な風景を眺めながらの、思い出に残るドライブになりますよ。

ブリュッセル南駅(Bruxelles-Midi)から電車に乗って、ナミュール駅(Namur)で乗り換えて、ディナン駅(Dinant)下車。(約2時間)

ディナン駅前停留所(DINANT/Gare)からワロン公共交通(TEC wallon)の67/1番線(ligne 67/1)に乗って、ボワセイユ:サン・ドナ通り停留所(BOISSEILLES/Rue Saint-Donat)下車(約30分)

ボワセイユ:サン・ドナ通り停留所からセル旧市街へ徒歩で移動。(約30分)

ブリュッセル(Bruxelles)から100km(約1時間10分)

リエージュ(Liège)から70km(約1時間)

ブリュッセル国際空港から100km(約60分)

特産品

土産物屋などは充実していませんが、ベルギーでも人気の高い村でおしゃれなレストランが営業しています。またパン屋さんでは、飲み物などを購入することも出来ますよ。

 

ここではセルを訪れたらぜひ味わいたい特産品を紹介させて頂きます。

キュヴェ・サン・アデラン(Cuvée St Hadelin)は、この村を代表する地ビールです。1858年の創業以来、家族経営が続く老舗醸造所デュ・ボック社が特別に生産を手掛けています。程良い苦みが癖になるビールですので、レストランなどで見かけたらぜひ試してみて下さいね。

セルのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

ベルギーの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。2019年に実際に宿泊したホテルも含め、セルにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comのロケーションスコア9.0と高評価なこの宿泊施設は、サン・アドラン教会のすぐ目の前に佇む人気のホテル。室内にはアンティーク調のセンスの良い調度品が並び、のんびりとした滞在を楽しむことが出来ます。地域の食材を用いた美味しい料理を提供するレストランも併設。料金は2名1泊で100€(朝食別)です。

Booking.comのロケーションスコア9.2と高評価なこの宿泊施設は、中心市街地に位置しているため村の散策に便利です。この地域に伝統的な農場の納屋が綺麗に改装されており、ベルギーの長閑な田舎の暮らしを体験するにはピッタリ。2019年に実際に宿泊しましたが、オーナー夫妻がとても優しく大変素晴らしい滞在となりました。料金は2名1泊で100€です。

 

最大で5人まで宿泊可能な簡易キッチンと2ベッドルームを備えた客室もあり、ご家族でもご利用もお勧め。料金は5名1泊で190€です。



Booking.com




【一緒に訪れたい美しい村】

セルから車で60分(60km)

セルから車で60分(80km)

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る