【ヴール・レ・ローズ】20年の努力の結果認められた仏協会への加盟

【本物へのこだわり】「フランスの最も美しい村」協会の厳しい審査基準

「フランスの最も美しい村」協会は独自の審査基準に従って、加盟の可否を決定しています。フランス協会事務局の話によると、

1年間に約10の村の立候補があり、その内の20パーセントほどしか加盟が認められない!

という非常に厳しい基準に基づいています。また、すでに加盟が認められたとしても原則6年に1度の再審査が行われ基準に満たないと判断されれば一定の猶予期間の後に加盟資格が剥奪されてしまいます。実際にここ数年、フランス協会に加盟する村の数はほぼ横ばいを辿っています。

2018年:157村
2017年:155村
2016年:153村
2015年:156村
2012年:156村
2011年:155村
2009年:151村

※「フランスの最も美しい村」協会公式ガイドブック掲載加盟村数を元に作成。

【本物へのこだわり】ヴール・レ・ローズの落選とその後の修景活動

ジャン=クロード・クレール(Jean-Claude Claire)氏がヴール・レ・ローズの村長に就任したのが1995年のことでした。2年後に1997年に「フランスの最も美しい村」協会へ加盟すべく立候補を行いましたが、認められませんでした。

 

最終的には村長で構成される資格委員の投票によって決定されるため、どのような理由で落選したのかについてはわかりませんがノルマンディの水辺の村にとっては不利な要因もあったのかもしれません。「フランスの最も美しい村」の加盟村はフランス北部に比べて南部に多いように、必ずしも評価基準自体には含まれていないものの城壁に囲まれた中世の都市の特徴を持つ村の加盟が認められやすいという傾向があるそうだからです。

 

しかしながらジャン=クロード・クレール村長の元、海に面するビーチの整備(※景観上の懸念となっていた駐車場の移転)、フランスで最も小さな河川「ヴール川」を風通しの良い自然な状態への復元(※戦争によって生じたがれきの撤去)、10年かけて行われた教会の改修(※とりわけ天井のフレスコ画の発見)、穀物の市場建物の再活用(※映画館への改装)、村の植栽に力を入れる(※村名にも入っている「バラ」の植え付け)など着実に村の修景が進められ、2017年に再び「フランスの最も美しい村」協会加盟のために立候補を行いました。

サン・マルタン教会で発見されたフレスコ画

映画館に改装された旧市場

【本物へのこだわり】20年の時を経て「フランスの最も美しい村」協会への加盟が認められる!

その結果・・・

2017年9月30日の資格委員会の中で全会一致で加盟が認められました!

ジャン=クロード・クレール村長の長年の夢が叶うと同時にこれまでの地道な努力が報われる形となりました。

全体では157つ目の加盟村、またノルマンディの中ではバルフルール(Barfleur)、ヴーブロン・アン・オージュ(Beuvron-en-Auge)、ル・ベック・エルアン(le Bec-Hellouin)、リヨンス・ラ・フォレ(Lyons la Foret)、ラ・サン・セヌリ・ド・ジェレ(la Saint-Céneri-le-Gérei)に続く6つ目の加盟、セーヌ・マリティーム県では初めての加盟という快挙を成し遂げました。

【本物へのこだわり】ジャン=クロード・クレール村長の喜びの声

2018年6月23日には村内で調印式が執り行われ、ヴール・レ・ローズの正式な加盟が認められました。

 

ヴール・レ・ローズの村は美しかったが、その魅力を高めるために多くの努力が必要でした。そして村の入口に「フランスの最も美しい村」教会の看板を掲げられることは幸せなことであると同時に誇りに思います。

「France Bleu」、2018年2月28日
https://www.francebleu.fr/infos/culture-loisirs/veules-les-roses-classe-parmi-les-plus-beaux-villages-de-france-1519669770

淡々と述べるジャン=クロード・クレール村長ですが、村長就任以来先頭に立って村の美化活動に取り組んだからこそ、加盟が認められた結果を重みを誰よりも良く知っているでしょう。

 

これは行政と民間が一緒に村の価値を高めようと頑張った結果です。もし住民の方々の美化活動がなければ、「フランスの最も美しい村」に加盟することが出来なかった。

「tendenceouete」、2018年6月22日
https://www.tendanceouest.com/actualite-280941-veules-les-roses-parmi-mes-plus-beaux-villages-de-france.html

 

一方で、住民全員で勝ち取った結果であることに感謝を述べました。

 

冬季の観光客が増加することで、既存の飲食店の営業期間が増えるとともに、新しいレストランもオープンすれば嬉しい。

「France 3」、2018年1月18日
https://france3-regions.francetvinfo.fr/normandie/seine-maritime/dieppe/veules-roses-labellise-plus-beaux-villages-france-1338959.html

 

今回の加盟をきっかけに村の商業活動が活性化することに期待を寄せました。

この出来事を知り「フランスの最も美しい村」協会に加盟することがどれほど大変なことかを改めて知りました。20年以上にわたり村の美化に取り組んできたジャン=クロード・クレール村長を本当に尊敬します。

【一緒に読みたい】

Share your thoughts