プラデル/Pradelles

 

【高原に佇む交通の要衝】

 

オー・アリエ渓谷が育む広大な大地を、

朱色に輝く聖母マリア像が見護るこの村。

11世紀には強固な要塞都市として栄え、

地中海からラバを引き連れて生活物資を運ぶ商人や、

ル・ピュイ・アン・ヴレから聖地を巡る巡礼者が行き交った。

『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』などを著した冒険作家

ロバート・ルイス・スティーヴンソンもこの地を訪れ、

彼の名前を冠するスティーヴンソン街道起点の村としても知られている。

プラデル/Pradelles

 

【高原に佇む交通の要衝】

 

オー・アリエ渓谷が育む広大な大地を、朱色に輝く聖母マリア像が見護るこの村。

 

11世紀には強固な要塞都市として栄え、地中海からラバを引き連れて生活物資を運ぶ商人や、ル・ピュイ・アン・ヴレから聖地を巡る巡礼者が行き交った。

 

『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』などを著した冒険作家ロバート・ルイス・スティーヴンソンもこの地を訪れ、彼の名前を冠するスティーヴンソン街道起点の村としても知られている。




ノートル・ダム礼拝堂

 

スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かう主要な巡礼路の1つであるトゥールーズの道(サン・ジルの道)の途中にあるこの村。かつては施療院が設けられ、巡礼者の心と体を癒してきた。そんな施療院のすぐそばの敷地から1512年に発見された聖母マリア像は、数々の奇跡を起こす信仰の対象として大切に祀られてきた。

 

マリア像が発見された敷地の上には、1608年にドミニコ会修道士によってノートル・ダム礼拝堂が建設された。また美しい鐘楼の頂上からは、1889年に備え付けられた朱色の聖母マリア像が見護っている。陽が沈めば頂上のマリア像が荘厳な光に照らし出され、この村のシンボルのような存在となっている。

ノートル・ダム礼拝堂

スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへと向かう主要な巡礼路の1つであるトゥールーズの道(サン・ジルの道)の途中にあるこの村。

 

かつては施療院が設けられ、巡礼者の心と体を癒してきた。そんな施療院のすぐそばの敷地から1512年に発見された聖母マリア像は、数々の奇跡を起こす信仰の対象として大切に祀られてきた。

 

マリア像が発見された敷地の上には、1608年にドミニコ会修道士によってノートル・ダム礼拝堂が建設された。

 

また美しい鐘楼の頂上からは、1889年に備え付けられた朱色の聖母マリア像が見護っている。

 

陽が沈めば頂上のマリア像が荘厳な光に照らし出され、この村のシンボルのような存在となっている。

城塞都市プラデル

 

司祭の住居や宗教裁判所として使用されていたルネサンス様式の館は、「プラデル城」という愛称で住民達に親しまれている。かつては中心市街地を取り囲む城壁の一部を成していて、グラン・ポルタルと呼ばれる城門跡が往時の面影を今に伝えている。

 

中心市街地を挟んで南側にあるブセ門は見事な落とし格子を備えており、まるで中世にタイムスリップしたかのような趣。北西には、宗教戦争の際にプロテスタント軍を撃退したという伝説の残るヴェルデット門があり、壁に描かれた美しい壁画が印象的である。また重厚な円柱状の造りのロシェリの塔も、中世には城塞の一部を成していた。

城塞都市プラデル

司祭の住居や宗教裁判所として使用されていたルネサンス様式の館は、「プラデル城」という愛称で住民達に親しまれている。

 

かつては中心市街地を取り囲む城壁の一部を成していて、グラン・ポルタルと呼ばれる城門跡が往時の面影を今に伝えている。

 

中心市街地を挟んで南側にあるブセ門は見事な落とし格子を備えており、まるで中世にタイムスリップしたかのような趣。

 

北西には、宗教戦争の際にプロテスタント軍を撃退したという伝説の残るヴェルデット門があり、壁に描かれた美しい壁画が印象的である。

 

また重厚な円柱状の造りのロシェリの塔も、中世には城塞の一部を成していた。

中央広場

 

かつてこの村を行き交う商人達による市が開かれた中央広場はアーケードを備えており、16~18世紀の美しい民家が取り囲んでいる。セヴァンヌ地方に吹き付ける突風の抗うように、高さのある建物が多いのも特徴的。一角にはこの村で最も古くからあった水飲み場であるムロンの泉が佇み、住民同士が楽しくおしゃべりに耽る憩いの場となっている。

 

中心広場から伸びる入り組んだ路地の先には、1696年に建てられたペニトン礼拝堂跡や1744年に村が購入し役場として使用していた美しい館が残る。また、カルヴェール公園は西にマルジュリド山脈、南にロゼ―ル山、東にタナルグ山脈を望む心地の良いパノラマスポット。

中央広場

かつてこの村を行き交う商人達による市が開かれた中央広場はアーケードを備えており、16~18世紀の美しい民家が取り囲んでいる。

 

セヴァンヌ地方に吹き付ける突風の抗うように、高さのある建物が多いのも特徴的。

 

一角にはこの村で最も古くからあった水飲み場であるムロンの泉が佇み、住民同士が楽しくおしゃべりに耽る憩いの場となっている。

 

中心広場から伸びる入り組んだ路地の先には、1696年に建てられたペニトン礼拝堂跡や1744年に村が購入し役場として使用していた美しい館が残る。

 

また、カルヴェール公園は西にマルジュリド山脈、南にロゼ―ル山、東にタナルグ山脈を望む心地の良いパノラマスポット。

見どころ豊富な村の郊外

 

村の郊外にも見どころ豊富で、「長靴をはいた猫」公園(Parc du chat botté)は伝統的な遊びを体験することの出来る子供連れにお勧めのスポット。

 

マジゴン城は四つ角に取り付けられた小さな塔が魅力的な16世紀の屋敷で、庭園や図書室などが当時の面影を残したまま残されている。

 

ヴェロ・レイルは廃線になった旧軌道上を、ペダルをこいで走破する人気のアクティヴィティ。ヴレ火山地帯の雄大な自然の中、清々しい気分でサイクリングを楽しむことが出来る。

見どころ豊富な村の郊外

村の郊外にも見どころ豊富で、「長靴をはいた猫」公園(Parc du chat botté)は伝統的な遊びを体験することの出来る子供連れにお勧めのスポット。

 

マジゴン城は四つ角に取り付けられた小さな塔が魅力的な16世紀の屋敷で、庭園や図書室などが当時の面影を残したまま残されている。

 

ヴェロ・レイルは廃線になった旧軌道上を、ペダルをこいで走破する人気のアクティヴィティ。

 

ヴレ火山地帯の雄大な自然の中、清々しい気分でサイクリングを楽しむことが出来る。

プラデルについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

オート・ロワール県プラデル/Pradelles (HAUTE-LOIRE)

面積:17,48 km2

人口:549人(2017年現在)

2020年11月19日:ページ更新

行き方

オーベルニュ地方の中核都市ル・ピュイ・アン・ヴレから、この村へ向かうバスが運行しています。ただし、1日の本数が大変限られるため注意が必要です。

 

2020年に訪れた際は、リヨンからレンタカーを利用しました。ヴレ火山地帯の美しい自然景観を望む楽しいドライブとなるため、車での移動がお勧めですよ。

パリ・ベルシー駅(Paris-Bercy)からSNCFに乗って、クレルモン・フェラン駅(Clermont-Ferrand)で乗り換え、ル・ピュイ・アン・ヴレ駅(Le Puy-en-Velay)下車(※約6時間10分)

 

ル・ピュイ・アン・ヴレ駅前停留所(LE PUY EN VELAY: Gare routière)から、ロゼール交通(Autocars Lozere ) 282番線のバスに乗って、プラデル停留所(PRADELLES: Arrêt Bus)へ(※約40分)

クレルモン・フェランから160km(約2時間10分)

ル・ピュイ・アン・ヴレから40km(約40分)

リヨンから170km(約2時間20分)

クレルモン=フェラン・オーベルニュ空港から160km(約2時間10分)

ル・ピュイ・ルード空港から40km(約40分)




プラデルのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。2020年に実際に滞在した、プラデルにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア9.7と高評価なこの宿泊施設は、プラデルの中心市街地に位置しており村の散策に便利です。室内は綺麗にリノベーションされており、庭なども付いたプライヴェートで贅沢な空間。使いやすいキッチンやバスタブ付きのお風呂なども備えており、とても快適でした。備え付きの洗濯機があることも、中・長期の周遊旅行中だったので大変助かるポイント。欲を言えば数日間滞在して、村に暮らしているかのようにゆったりと過ごしたかったです。最大で6名まで泊まれるので、ご家族での利用もお勧め。料金は2名1泊で80€(朝食込)と良心的です。



Booking.com




スポンサーリンク




次の美しい村を巡る