サント・クロワ・アン・ジャレ

【カルトゥジオ会修道士の村】

 

ピラ自然公園に連なる谷の合間、

かつてカルトゥジオ会修道士達が生活をした修道院は、

当時の趣を留めたまま現在まで引き継がれている。

フランス革命後に売却を余儀なくされたかつての宗教施設は、

村役場や学校、住居へと姿を変え、人々が生活する村となった。

そんな数奇な運命から生まれた村に一度足を踏み入れれば、

異世界へと迷い込んだかのような奇妙な感覚にとらわれる。

サント・クロワ・アン・ジャレ

【カルトゥジオ会修道士の村】

 

ピラ自然公園に連なる谷の合間、かつてカルトゥジオ会修道士達が生活をした修道院は、当時の趣を留めたまま現在まで引き継がれている。

 

フランス革命後に売却を余儀なくされたかつての宗教施設は、村役場や学校、住居へと姿を変え、人々が生活する村となった。

 

そんな数奇な運命から生まれた村に一度足を踏み入れれば、異世界へと迷い込んだかのような奇妙な感覚にとらわれる。




村の歴史

 

キリスト教カトリック教会に属するカルトゥジオ会は、1084年に聖ブルーノによって創設された。フレンチ・アルプスを構成するシャルトルーズ山地の中で、静かに祈りを捧げながら厳かな生活を送ることを目的としていた。

 

そんなカルトゥジオ会修道院がこの地に築かれたのは、1280年の事である。アルデシュ地方の中核都市アノネーを治めていた侯爵家ベアトリクス・ド・ラ・トゥール・デュ・パン妃が、夫の死を尊び祈りを捧げるため建設された。以来500年以上に渡って、カルトゥジオ会修道士たちを受け入れ続けた。

村の歴史

キリスト教カトリック教会に属するカルトゥジオ会は、1084年に聖ブルーノによって創設された。

 

フレンチ・アルプスを構成するシャルトルーズ山地の中で、静かに祈りを捧げながら厳かな生活を送ることを目的としていた。

 

そんなカルトゥジオ会修道院がこの地に築かれたのは、1280年の事である。

 

アルデシュ地方の中核都市アノネーを治めていた侯爵家ベアトリクス・ド・ラ・トゥール・デュ・パン妃が、夫の死を尊び祈りを捧げるため建設された。

 

以来500年以上に渡って、カルトゥジオ会修道士たちを受け入れ続けた。

村になった修道院

 

1794年に起きたフランス革命により修道院は国有財産化され、44分割された後に競売にかけられたことで修道院としての役目を終え、集落として新たな道を歩むこととなる。

 

そのため村の外側は両端に塔を備えた横幅115mにも及ぶ巨大な壁によって仕切られており、修道院として使用されていた16世紀の厳粛な姿を留める。中央にある大きな2本の塔の間にはアーケード状の入口が設けられ、訪れる人々を迎え入れている。

村になった修道院

1794年に起きたフランス革命により修道院は国有財産化され、44分割された後に競売にかけられたことで修道院としての役目を終え、集落として新たな道を歩むこととなる。

 

そのため村の外側は両端に塔を備えた横幅115mにも及ぶ巨大な壁によって仕切られており、修道院として使用されていた16世紀の厳粛な姿を留める。

 

中央にある大きな2本の塔の間にはアーケード状の入口が設けられ、訪れる人々を迎え入れている。

神父の中庭、修道士の中庭

 

神父の中庭(cour des Pères)、修道士の中庭(cour des Frères)と呼ばれる2つの大きな空間を囲むようにして村は成立している。これはかつてカルトゥジオ会修道士が、祈りを捧げながら孤独の生活を送る神父と、必要最小限の生活必需品を生産しながら祈りを捧げる修道士という2つの共同体に分かれて生活を送っていたことに由来している。

 

また、パン製造所や台所などカルトゥジオ会修道士が生活を共にした名残りが至る所に残る。

神父の中庭、修道士の中庭

神父の中庭(cour des Pères)、修道士の中庭(cour des Frères)と呼ばれる2つの大きな空間を囲むようにして村は成立している。

 

これはかつてカルトゥジオ会修道士が、祈りを捧げながら孤独の生活を送る神父と、必要最小限の生活必需品を生産しながら祈りを捧げる修道士という2つの共同体に分かれて生活を送っていたことに由来している。

 

また、パン製造所や台所などカルトゥジオ会修道士が生活を共にした名残りが至る所に残る。

サン・ブルーノ教会

 

13世紀に建てられた修道院教会は、18世紀に発生した火災の影響で継続的な使用が不可能となり、その役目を終えた。しかしながら、14世紀前半に描かれたフレスコ画が1896年に発見され、村の見どころとなっている。

 

事故後に元々修道院の教会参事会室及び食堂として用いられていた場所を、18世紀に改装して移設されたのが現在のサン・ブルーノ教会である。15世紀終わりに作られたゴシック様式の聖職者席は見事。またルーブル美術館が所蔵している15世紀にアンドレア・マンテーニャによって描かれた傑作『聖セバスティアヌス』の複製画をはじめ、17世紀に描かれた3枚の絵画が大切に飾られている。

 

また回廊や隠居所など宗教生活に欠かせない施設が見事に保存されている他、修道院の外にも巨石記念物マルランの岩や、12世紀の礼拝堂のあるジュリウー(Jurieu)集落など見どころに溢れている。

サン・ブルーノ教会

13世紀に建てられた修道院教会は、18世紀に発生した火災の影響で継続的な使用が不可能となり、その役目を終えた。

 

しかしながら、14世紀前半に描かれたフレスコ画が1896年に発見され、村の見どころとなっている。

 

事故後に元々修道院の教会参事会室及び食堂として用いられていた場所を、18世紀に改装して移設されたのが現在のサン・ブルーノ教会である。

 

15世紀終わりに作られたゴシック様式の聖職者席は見事。

 

またルーブル美術館が所蔵している15世紀にアンドレア・マンテーニャによって描かれた傑作『聖セバスティアヌス』の複製画をはじめ、17世紀に描かれた3枚の絵画が大切に飾られている。

 

また回廊や隠居所など宗教生活に欠かせない施設が見事に保存されている他、修道院の外にも巨石記念物マルランの岩や、12世紀の礼拝堂のあるジュリウー(Jurieu)集落など見どころに溢れている。

サント・クロワ・アン・ジャレについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

ロワール県サント・クロワ・アン・ジャレ(サントクロワアンジャレ)/Sainte-Croix-en-Jarez (LOIRE)

面積:12km2

人口:478人(2017年現在)

2020年8月18日:ページ更新

行き方

現在この村へ向かう電車やバスはないため、近郊の街からタクシー等の利用が必要です。

 

2020年にこの村を訪れた際はリヨンからレンタカーを利用しました。ただし駐車スペースに限りがあり、観光案内所目の前の駐車場は住民専用なので注意しましょう。

パリ・リヨン駅(Paris-Gare-de-Lyon)からTGVに乗って、リヨン・パールデュー駅(Lyon-Part-Dieu)下車(※約2時間)

リヨンから50km(約50分)

サン・テティエンヌから40km(約40分)

リヨン=サン・テグジュペリ空港から70km(約1時間)

ガイドツアー

この村の見どころの多くは毎日11時と15時に開催される、ガイドツアーのみでしか訪れる事が出来ません。

 

この村の魅力を余すことなく味わいたいという方は、ガイドツアーへの参加がお勧めです。詳しくは、参考リンクにURLを記載している観光協会のWebサイトをご確認ください。

サント・クロワ・アン・ジャレのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。サント・クロワ・アン・ジャレにある宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。(※残念ながらこの村にはbooking.comの口コミ評価の良いホテルが少ないです。良い点、悪い点含めて紹介します。)

村への入口のすぐ脇、村内の散策にも最適な場所にあるこの宿泊施設はBooking.com のロケーションスコアで8.6と高評価。一方で評価を下げているのは、施設の老朽化面。狭い階段や、バスルームの古さなどに関するコメントが見受けられました。ただし、このホテルは歴史的文化財にも指定されている由緒ある建物なので、オーナーの方があまり手を加えたくないのかもしれません。料金は2名1泊で60€(朝食別)です。



Booking.com




【一緒に訪れたい美しい村】

サント・クロワ・アン・ジャレから車で1時間20分(90km)

サント・クロワ・アン・ジャレから車で1時間20分(90km)

サント・クロワ・アン・ジャレから車で1時間40分(100km)

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る