アンスパック

【白壁のコロンバージュが迎える村】

 

伝統の技術を受け継いだ大工が今なお生活を営むこの村では、

木組みで荒土壁という昔ながらの民家が並ぶ

アルザス北部ヴァイセンブルク地方の趣が色濃く残っている。

角を落とした屋根と雨よけが特徴的な民家を、

ゼラニウムの花に彩られた窓や石垣が魅力的に飾る。

白壁が輝くコロンバージュ様式の民家が作り出す街並みは、

今日も絵葉書のような美しい景観で人々を魅了している。

アンスパック

【白壁のコロンバージュが迎える村】

 

伝統の技術を受け継いだ大工が今なお生活を営むこの村では、木組みで荒土壁という昔ながらの民家が並ぶアルザス北部ヴァイセンブルク地方の趣が色濃く残っている。

 

角を落とした屋根と雨よけが特徴的な民家を、ゼラニウムの花に彩られた窓や石垣が魅力的に飾る。

 

白壁が輝くコロンバージュ様式の民家が作り出す街並みは、今日も絵葉書のような美しい景観で人々を魅了している。




プロテスタンティズム教会

 

17世紀に勃発した三十年戦争により街は半壊してしまったが、その後この土地に豊富にあった木材と粘土を使用した、白と黒のコントラストが美しいコロンバージュ様式(木骨組み)の家が多く建てられた。

 

16世紀からプロテスタンティズムを信仰するアンスパックの村の小高い場所には、1757年に建てられた簡素な造りの教会が佇んでいる。当初の木組みの塔は、1874年にネオ・ロマネスク様式の鐘楼へと建て替えられ、鮮やかなバラ色の砂岩がひと際存在感を放っている。

プロテスタンティズム教会

17世紀に勃発した三十年戦争により街は半壊してしまったが、その後この土地に豊富にあった木材と粘土を使用した、白と黒のコントラストが美しいコロンバージュ様式(木骨組み)の家が多く建てられた。

 

16世紀からプロテスタンティズムを信仰するアンスパックの村の小高い場所には、1757年に建てられた簡素な造りの教会が佇んでいる。

 

当初の木組みの塔は、1874年にネオ・ロマネスク様式の鐘楼へと建て替えられ、鮮やかなバラ色の砂岩がひと際存在感を放っている。

街並みを惹きたてるアクセント

 

この村の家々の窓には中央がわずかに膨らんだガラスが多く使用されており、歪んだ鏡のようになっている。外からは室内を見ることは出来ないが、住民は誰にも邪魔されることなく外の景色を楽しむことが出来るという。

 

広い中庭を囲む、かつての農場として用いられていた建物が点在するのも特徴。また、村の様々な場所で目にする井戸を探して歩くのも楽しい。てこの原理を利用するため取り付けられた、木製の長い棒が特徴的で景観にアクセントを加えている。

街並みを惹きたてるアクセント

この村の家々の窓には中央がわずかに膨らんだガラスが多く使用されており、歪んだ鏡のようになっている。

 

外からは室内を見ることは出来ないが、住民は誰にも邪魔されることなく外の景色を楽しむことが出来るという。

 

広い中庭を囲む、かつての農場として用いられていた建物が点在するのも特徴。

 

また、村の様々な場所で目にする井戸を探して歩くのも楽しい。てこの原理を利用するため取り付けられた、木製の長い棒が特徴的で景観にアクセントを加えている。

シェーネンブール要塞

 

村の外れには、第二次世界大戦中にドイツ軍と対峙するために建設されたシェーネンブール要塞(Fort de Schoenenbourg)が残されており、フランスの政治家アンドレ・マジノの命によって築かれた「マジノ線」の一部を見学することができる。

 

1930~1940年に建設されたこの要塞では、軍事用の待機所や指令室など当時の様子を伝える様々な展示を見ることが出来る。

シェーネンブール要塞

村の外れには、第二次世界大戦中にドイツ軍と対峙するために建設されたシェーネンブール要塞(Fort de Schoenenbourg)が残されており、フランスの政治家アンドレ・マジノの命によって築かれた「マジノ線」の一部を見学することができる。

 

1930~1940年に建設されたこの要塞では、軍事用の待機所や指令室など当時の様子を伝える様々な展示を見ることが出来る。

フォークロア・フェスティバル

 

毎年6月にはフォークロア(民俗芸能)フェスティバルが開催され、村の伝統衣装を身にまとった住民達が音楽やダンス、食事を楽しむ。白いシャツに黒い上着を羽織った村人たちの姿が村の通りを彩り、時代が遡ったかのような錯覚に陥る。

 

12月にはアルザス名物のクリスマス・マーケットも開催され、村人たちは昔から変わらぬ伝統的な暮らしを愛し、楽しんでいる。

フォークロア・フェスティバル

毎年6月にはフォークロア(民俗芸能)フェスティバルが開催され、村の伝統衣装を身にまとった住民達が音楽やダンス、食事を楽しむ。

 

白いシャツに黒い上着を羽織った村人たちの姿が村の通りを彩り、時代が遡ったかのような錯覚に陥る。

 

12月にはアルザス名物のクリスマス・マーケットも開催され、村人たちは昔から変わらぬ伝統的な暮らしを愛し、楽しんでいる。

アンスパックについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

バ・ラン県アンスパック(ウンスパック、フンスパハ)/Hunspach (BAS-RHIN)

※フランス人、ドイツ人、アルザスの現地の方の発音がそれぞれ違います。村人たちの呼び方の発音はウンシュパハが近いようです。

面積:5,49 km2

人口:637人(2016年現在)

2019年12月28日:ページ更新

2020年7月13日:ページ更新

行き方

2019年にこの村を訪れた際はレンタカーを利用しましたが、アルザス地方の中心都市ストラスブールから電車で1時間程で訪れる事も出来ます。

パリ東駅(Paris Est)からTGVに乗って、ストラスブール駅(Strasbourg)下車。(約1時間50分)

ストラスブール駅(Strasbourg)からSNCFに乗って、アンスパック駅(Hunspach)下車(約1時間)

アンスパック駅から、アンスパック旧市街まで徒歩で移動(約20分)

ストラスブール(Strasbourg)から70km(約50分)

パリ(Paris)から510km(約5時間)

ストラスブール国際空港から80km(約1時間)

パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港から500km(約4時間40分)

紹介動画

フランスの人気テレビ番組「フランス人が選ぶお気に入りの村」では、2020年にアンスパックが第1位に選ばれました。現在は公開されていないため、Youtube 等で公式動画が公開され次第、日本語訳をして紹介させて頂きます。

特産品

生活感を感じられる村で、お土産屋さんなどは充実していませんが、プロテスタント教会の目の前に地元の方が通う小さなブーランジュリーなどがありました。

 

ここではアンスパックを訪れたらぜひ味わいたい、地元の味を紹介させて頂きます。

もっちりとした食感が楽しめるプレッツェルはアルザス地方の名物で、この地域を訪れたらぜひとも味わいたい一品です。シンプルなプレーン味も美味しいですが、チーズを乗せて焼き上げたプレッツェル・グラティネも、大変美味しくお勧めです。

プレッツェルに加えてこの村の朝食の定番となっているのは、ディッケ・クーヘ(Dicke Kuche)と呼ばれるブリオッシュのようなパンです。シンプルながら風味豊かな味わいが楽しめますよ。

この村の名物は、フラアスクネプフル(Flaaschknepfle)と呼ばれるひき肉とパンを捏ねて作られた肉団子にホワイトソースを合わせた料理です。大切な日には村民が必ず食べる郷土料理だそう。もし見かけたら迷わず味わってみてくださいね。




アンスパックのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。アンスパックにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア8.9と高評価なこの宿泊施設は、最大6人まで泊まれる一軒家をまるごと借りることが出来ます。村の散策に便利な中心市街地に位置しており、まるで絵本の世界の住民になったかのような滞在が楽しめます。料金は人数によって異なりますが、2名1泊では110€です。



Booking.com




【一緒に訪れたい美しい村】

アンスパックから車で1時間10分(100km)

アンスパックから車で1時間20分(110km)

アンスパックから車で2時間20分(190km)

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る