【新規加盟村】「ラ・ロミウ」と「ヴィルレアル」がフランスの最も美しい村に加盟

フランスの最も美しい村に新しく2つの村が加盟

2018年6月29日(金)~30日(土)にかけてモンペイルー(Montpeyroux)で開かれた資格委員会において新たに2つの村の加盟が認められました。

これにより、「フランスの最も美しい村」協会に加盟する村は168になりました!

「ラ・ロミウ」と「ヴィルレアル」という村を、「フランスの最も美しい村」協会の紹介文の全訳と共に少しだけご紹介します!

【ラ・ロミウ/ラ・ロミュー(La Romieu)】新規加盟村紹介

ミディ・ピレネーのジェール県(Gers)としてはラレサングル(Larressingle)、フルセス(Fourcès)、サラン(Sarrant)、ラヴァルダン(Lavardens)、モンレアル・デュ・ジェール(Montréal-du-Gers)に次ぐ6番目の村として加盟が認められました。

北はアジェン(Agen)の街、南はオーシュ(Auch)の街の間に位置するラ・ロミウの村は、教会と共にはスペインのサン・ディアゴ・コンポステーラへと向かうル・ピュイ(Le Puy)の道とロカマドゥール(Rocamadour)の道が交差する宿場町を構成している。村の名前はガスコーニュ語で「巡礼者(pèlerin)」を意味する「Roumiou」に由来し、ローマから巡礼の帰路にあったドイツ人修道士アルベール(Albert)によって11世紀に築かれた。ユネスコの世界遺産に登録されていているサン・ピエール参事会教会(Collégiale Saint-Pierre de La Romieu)は、ゴシック様式の回廊、八角形の塔の上に佇む四角い鐘楼、最近修復された聖具室のフレスコ画など訪問客を荘厳な美しさで迎える。修道院の下には、この地域に特徴的なアーケード上の広場と明るい色の石でできた民家が広がる素晴らしい光景が取り囲んでいる。

Situé entre Agen au Nord et Auch au Sud, La Romieu et sa collégiale constituent une étape à la croisée des chemins partant du Puy et de Rocamadour vers Saint-Jacques-de-Compostelle. Tirant son nom du gascon «Roumiou», qui signifie «pèlerin», le village est fondé à la fin du XIème siècle par Albert, moine allemand de retour d’un pèlerinage à Rome. Trois siècles plus tard, le puissant cardinal Arnaud d’Aux, cousin du Pape Clément V et originaire du village, fait ériger la collégiale Saint-Pierre. Classé au Patrimoine Mondial par l’UNESCO, l’édifice offre au visiteur la beauté solennelle de son cloître gothique, son haut clocher carré surmonté d’une tour octogonale ou encore les fresques récemment restaurées de sa sacristie. A ses pieds, le village embrasse magnifiquement le site avec ses façades de pierre claire et sa place à arcades, typiques de la région.

「フランスの最も美しい村」協会
http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr/la-romieu

世界遺産「フランスのサン・ディアゴ・コンポステーラの巡礼路」上に位置する村だそうなので、教会は迫力がありそうですね!

【ヴィルレアル(Villeréal)】新規加盟村紹介

アキテーヌのロット・エ・ガロンヌ県(Lot-et-Garonne)としては、モンフランカン(Monflanquin)、ピュジョル・ル・オー(Pujols-le Haut)に次ぐ3番目の村として加盟が認められました。

北はベルジュラック(Bergerac)の街、南はヴィルヌーヴ・シュル・ロット(Villeneuve-sur-Lot)の街の間に位置するヴィルレアルの村は1267年にアルフォンス・ド・ポワティエ(Alphonse de Poitiers)によって開かれた王族の城塞都市である。常時商業活動を可能にするためのアーケード(柱廊)を持つ広場、木の平面と共存するため直角に曲がる路、黄金色の石で出来た民家など、フランス南東部の中世に築かれた「ヴィル・ヌーヴェル(※新しい街の意)」の特徴をとどめている。14世紀に建てられた二階建ての旧市場は強固な木製の柱と重々しい重量感が見事で、要塞化され尖った屋根に覆われた二つの小塔に飾れらた14世紀のノートル・ダム教会が向き合っている。

Située entre Bergerac au Nord et Villeneuve-sur-Lot au Sud, la bastide royale de Villeréal, fondée en 1267 par Alphonse de Poitiers, offre une structure typique de ces «villes nouvelles» édifiées au Moyen Âge dans le Sud-Ouest de la France : sa place aux cornières, qui abrite toujours l’activité commerçante du village, et ses rues à angle droit au fil desquelles cohabitent pans de bois et façades de pierre dorée. Face à l’étonnante halle à étage du XIVème S, aux volumes imposants et solides piliers de chêne, l’église fortifiée (XIIIème S) dresses ses deux tours coiffées de clochetons.

「フランスの最も美しい村」協会
http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/fr/villereal

早速ヴィルレアルも訪れてみました。木造の旧市場はリヨンス・ラ・フォレでも見ましたが、2階建てというのは珍しいので面白かったです。

▼詳しい村の紹介はこちらから

毎年新しい村が増えていくのが良いですよね。「フランスの最も美しい村」協会に認められた村はどこも美しいので、今から訪れるのが楽しみです!

【一緒に読みたい】

Share your thoughts