ヴェズレー

【荘厳な大聖堂が見下ろす巡礼始まりの丘】

 

モルヴァン山を見つめるヴェズレーの村は、

スペインへと続く巡礼路の起点の街として知られる。

朝靄の上に浮かびあがる大聖堂では、

修道士たちが毎日祈りを捧げている。

凛と張り詰めた空気に身を任せて静かに目を閉じれば

心が清らかに洗い流される。

村全体が神聖な雰囲気に包まれている。

ヴェズレー

【荘厳な大聖堂が見下ろす巡礼始まりの丘】

 

モルヴァン山を見つめるヴェズレーの村は、スペインへと続く巡礼路の起点の街として知られる。

 

朝靄の上に浮かびあがる大聖堂では、修道士たちが毎日祈りを捧げている。

 

凛と張り詰めた空気に身を任せて静かに目を閉じれば心が清らかに洗い流される。

 

村全体が神聖な雰囲気に包まれている。




世界遺産の村

 

1974年より「ヴェズレーの教会と丘」としてユネスコの世界遺産に登録され、現在でも多くの人々が巡礼に訪れる。

 

村内には12世紀以降のロマネスク様式やルネサンス様式の民家が数多く残されており、ブルゴーニュ地方に特有の石造りで褐色の平瓦の屋根を持つ魅力的なワイン農家の民家と共に軒を連ねながら、美しく整った街並みで人々を魅了する。

 

村のシンボル、サント・マドレーヌ大聖堂へと続く道沿いには多くのアトリエやお土産屋さんが建ち並び、活気溢れる村の雰囲気を楽しめる。

世界遺産の村

1974年より「ヴェズレーの教会と丘」としてユネスコの世界遺産に登録され、現在でも多くの人々が巡礼に訪れる。

 

村内には12世紀以降のロマネスク様式やルネサンス様式の民家が数多く残されており、ブルゴーニュ地方に特有の石造りで褐色の平瓦の屋根を持つ魅力的なワイン農家の民家と共に軒を連ねながら、美しく整った街並みで人々を魅了する。

 

村のシンボル、サント・マドレーヌ大聖堂へと続く道沿いには多くのアトリエやお土産屋さんが建ち並び、活気溢れる村の雰囲気を楽しめる。

サント・マドレーヌ大聖堂

 

9世紀にベネディクト会修道士によってマグダラのマリア(サント・マドレーヌ)の聖遺物が持ち帰られたことによりこの地に巡礼者が押し寄せ始め、村は大きな発展を遂げた。現在のサント・マドレーヌ大聖堂は12世紀~15世紀にかけて新築されたものであり、ファサードに施された彫刻はロマネスク様式の傑作と謳われている。

 

一時は廃墟と化していたものの、19世紀のヴィオレ・ル・デュック(Viollet-le-Duc)による再建によって今日の評価を得るに至った。この建築に興味のある人は、大聖堂のすぐ脇にあるヴィオレ・ル・デュック博物館を覗いてみると良いだろう。

 

なおサント・マドレーヌ大聖堂は「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても世界遺産に登録されている。

サント・マドレーヌ大聖堂

9世紀にベネディクト会修道士によってマグダラのマリア(サント・マドレーヌ)の聖遺物が持ち帰られたことによりこの地に巡礼者が押し寄せ始め、村は大きな発展を遂げた。

 

現在のサント・マドレーヌ大聖堂は12世紀~15世紀にかけて新築されたものであり、ファサードに施された彫刻はロマネスク様式の傑作と謳われている。

 

一時は廃墟と化していたものの、19世紀のヴィオレ・ル・デュック(Viollet-le-Duc)による再建によって今日の評価を得るに至った。

 

この建築に興味のある人は、大聖堂のすぐ脇にあるヴィオレ・ル・デュック博物館を覗いてみると良いだろう。

 

なおサント・マドレーヌ大聖堂は「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても世界遺産に登録されている。

自然と調和する村

 

村の景観をより一層美しいものにしているのは、間違いなく周囲の自然環境である。村の周囲に築かれた城壁の先には、豊かな森が広がり集落全体を縁取っている。

 

大聖堂の奥にある丘からは、モルヴァン自然公園の豊かな自然を見渡せる絶景が広がっている。起伏のある地形が生み出す幻想的な風景は、大聖堂と共にこの村の大きな魅力として人々に愛されている。

自然と調和する村

村の景観をより一層美しいものにしているのは、間違いなく周囲の自然環境である。

 

村の周囲に築かれた城壁の先には、豊かな森が広がり集落全体を縁取っている。

 

大聖堂の奥にある丘からは、モルヴァン自然公園の豊かな自然を見渡せる絶景が広がっている。

 

起伏のある地形が生み出す幻想的な風景は、大聖堂と共にこの村の大きな魅力として人々に愛されている。

芸術家ゆかりの村

 

ヴェズレーの村は多くの芸術家も惹きつけ続けている。思想家のジョルジュ・バタイユが晩年を過ごしたことでも知られ、村の墓地に眠っている。また、サン・テグジュベリの弟子として知られるジュール・ロワの家や、現代アートの展示を行うゼルヴォス美術館としても活用されているノーベル文学賞作家ロマン・ロランの家なども残されている。

 

その他、知日家としても知られるポール・クローデルや、建築家のル・コルビュジエなど村ゆかりの芸術家を挙げると際限がない。

芸術家ゆかりの村

ヴェズレーの村は多くの芸術家も惹きつけ続けている。思想家のジョルジュ・バタイユが晩年を過ごしたことでも知られ、村の墓地に眠っている。

 

また、サン・テグジュベリの弟子として知られるジュール・ロワの家や、現代アートの展示を行うゼルヴォス美術館としても活用されているノーベル文学賞作家ロマン・ロランの家なども残されている。

 

その他、知日家としても知られるポール・クローデルや、建築家のル・コルビュジエなど村ゆかりの芸術家を挙げると際限がない。

ヴェズレーについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

ヨンヌ県ヴェズレー/Vézelay (YONNE)

面積:21,83km2

人口:435人(2014年現在)

世界文化遺産:ユネスコ(U.N.E.S.C.O.)

  • 登録名:ヴェズレーの教会と丘(Basilique et colline de Vézelay)

世界文化遺産:ユネスコ(U.N.E.S.C.O.)

  • 登録名:フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(Chemins de Saint-Jacques-de-Compostelle en France)

登録建築物:サント=マドレーヌ大聖堂 (Basilique Sainte-Madelaine)

A. O. C.(原産地統制呼称制度):フランス農林省

  • A. O. C. ヴェズレー(Vézelay)

2018年6月16日:ページ更新

2020年5月1日:ページ更新

行き方

この村を訪れるには車での移動がお勧めです。大聖堂の裏手に大きな駐車場が整備されているので安心です。ただし、メインの表通りは車の通行が原則禁止とされているので、村を迂回するように駐車場へ行くようにしましょう。

 

なお、観光協会のサイトによるとモンバール駅からシャトルバスが運行しているようですが、週に1往復しかないため要注意です。

パリ・リヨン駅(Paris gare de Lyon)からTGVに乗って、モンバール(Montbard)駅下車(約1時間)

モンバール(Montbard)から、SNCFのシャトルバスに乗ってヴェズレー下車

※シャトルバスは本数が非常に限られているので注意(ex. 2020年は祝日を除く、金曜日の夜にヴェズレー行き、月曜日の朝にモンバール行きの一便あり)

※その他、ゼルミゼル=ヴェズレー(Sermizelles – Vézelay)駅からも1日2便のバスの運行あり

パリ(Paris)から230km(約2時間30分)

リヨン(Lyons)から280km(約2時間50分)

パリ(Paris)から230km(約2時間30分)

パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港から270km(約2時間50分)

紹介動画

フランスの人気テレビ番組「フランス人が選ぶお気に入りの村」で、2012年にヴェズレーがノミネートされた際の動画がYoutubeの「Le Pays préféré des Français」公式チャンネルにて紹介されています。この村の魅力が詰まった動画で、見たら行ってみたくなること間違いなしです。映像だけでも十分に楽しめますが、順次日本語訳を紹介していく予定なので楽しみにお待ちいただければ幸いです。

特産品

サント・マドレーヌ大聖堂へと続く表通りの両脇には、巡礼者向けのお土産屋さんが建ち並んでいます。

 

ここではヴェズレーを訪れたらぜひチェックしてみて欲しい、この村のローカルフードを紹介させて頂きます。

1997年に原産地統制呼称制度に新たに追加された比較的新しいアペラシオンです。シャブリなど美味しい白ワインの産地であるブルゴーニュ北東部に位置するヴェズレーでは、シャルドネ種を主体とする白ワインが生産されています。グラスに注ぐと黄金色に光輝き、花とわずかなミントの香りが楽しめます。

村名がつけられた、ヴェズレーという名のシェ―ヴルチーズ(山羊のミルクのチーズ)が作られています。ヴェズレーの白ワインとも相性抜群なので、ぜひ一緒に味わってみてくださいね。




ヴェズレーのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。今回は、私たちが実際に滞在したヴェズレーのお勧めのホテルを紹介させて頂きます。

2019年に宿泊したこのホテルは、スタイリッシュで近代的な内装の客室で快適に過ごすことが出来ました。Booking.comでロケーションスコア9.6なだけあって、サント・マドレーヌ大聖堂のある広場に面しており、いつでも大聖堂の荘厳な姿を眺めることが出来ます。すぐ近くにある『シ・レ・グリシヌ』というホテルも系列ホテルなので、そちらを利用しても良いでしょう。料金は2名1泊で130~160€(朝食別)ほど。

2018年に宿泊したこのホテルでは、38室の宿泊キャパシティがあるので団体での利用もお勧めです(ただし団体の場合は、国際送金による前払いが必要)。村への入口に面しているので、移動にも便利。内装は古き良き時代のホテルという感じで、趣を感じます。注意点として、夜9時までに到着しないとチェックイン対応等をしてもらえない可能性があるので、時間には余裕を持って着くようにしましょう。料金は2名1泊で150~210€(朝食別)ほど。



Booking.com




【一緒に訪れたい美しい村】

ヴェズレーから車で40分(40km)

ヴェズレーから車で1時間10分(80km)

ヴェズレーから車で1時間10分(90km)

ヴェズレーから車で1時間40分(120km)

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る