ルールマラン/Lourmarin

 

【文豪に愛された峡谷の村】

 

大昔ドラゴンによって大地が削られて出来たと言われる

リュベロン峡谷の入口で、この村は静かに時を刻む。

ケルシー地方の伝統的な民家が建ち並ぶ。

褐色の屋根瓦が滝のように連なる街並みと、

周囲のブドウ畑や、オリーブの木々、果物の木々は、

降り注ぐ太陽の光の下で共に輝きを放っている。

ボスコやカミュといった多くの文筆家に愛されたこの村は、

いくら言葉を重ねても描写しきれない多くの魅力に溢れている。

ルールマラン/Lourmarin

 

【文豪に愛された峡谷の村】

 

大昔ドラゴンによって大地が削られて出来たと言われるリュベロン峡谷の入口で、この村は静かに時を刻む。

 

褐色の屋根瓦が滝のように連なる街並みと、周囲のブドウ畑や、オリーブの木々、果物の木々は、降り注ぐ太陽の光の下で共に輝きを放っている。

 

ボスコやカミュといった多くの文豪に愛されたこの村は、いくら言葉を重ねても描写しきれない多くの魅力に溢れている。




12世紀の城塞都市

 

プロヴァンス地方の中核都市エクス・アン・プロヴァンスとアプトを結ぶ道沿いにあったこの村は、その戦略的重要性から12世紀に城塞化された。村を見下ろす位置には領主の城が建てられ、カステラス(Castellas)の名で呼ばれていた。17世紀にはこの場所に大時計が据えられた鐘楼が建てられ、村を象徴する場所の1つとなっている。

 

鐘楼のすぐ近くに建つサン・トロフィム・エ・サン・タンドレ教会は、12世紀にその起源を持っており、基礎構造にはロマネスク様式の特徴が見られる。16世紀に改修され、ゴシック様式の美しい教会として生まれ変わった。

 

また、この村の住民の多くはプロテスタント教徒であったことが知られており、村の入口には19世紀のプロテスタント教会が建てられている。名工オーギュスタン・ガイザーの手掛けた1840年製のオルガンは必見である。

12世紀の城塞都市

プロヴァンス地方の中核都市エクス・アン・プロヴァンスとアプトを結ぶ道沿いにあったこの村は、その戦略的重要性から12世紀に城塞化された。

 

村を見下ろす位置には領主の城が建てられ、カステラス(Castellas)の名で呼ばれていた。

 

17世紀にはこの場所に大時計が据えられた鐘楼が建てられ、村を象徴する場所の1つとなっている。

 

鐘楼のすぐ近くに建つサン・トロフィム・エ・サン・タンドレ教会は、12世紀にその起源を持っており、基礎構造にはロマネスク様式の特徴が見られる。

 

16世紀に改修され、ゴシック様式の美しい教会として生まれ変わった。

 

また、この村の住民の多くはプロテスタント教徒であったことが知られており、村の入口には19世紀のプロテスタント教会が建てられている。

 

名工オーギュスタン・ガイザーの手掛けた1840年製のオルガンは必見である。

ルールマラン城

 

村の中心から少し離れた場所には、ルネサンス様式の建築として傑作と名高いルールマラン城がそびえ立つ。1475年にフルク3世によって築城が着手されたシャトー・ヴィウ(Château-Vieux:古い城)と、16世紀にフルク家の末裔によって付け加えられたシャトー・ヌフ(Château-Neuf:新しい城)で構成されている。とりわけ、ルネサンス建築を象徴する見事な二重螺旋の階段は必見である。

 

20世紀初頭にリヨン出身の実業家ロベール・ローラン=ヴィベールの手に渡ると、彼は廃墟となりかけていたこの城を改修し、新たに創設した文化・芸術財団へ寄贈した。ローマのヴェラ・メディチに入居する在ローマ・フランス・アカデミーにならって、「プロヴァンスのヴィラ・メディチ」の愛称で呼ばれることもある。毎年夏には若手の芸術家を招き文化イベントが開催されている。

ルールマラン城

村の中心から少し離れた場所には、ルネサンス様式の建築として傑作と名高いルールマラン城がそびえ立つ。

 

1475年にフルク3世によって築城が着手されたシャトー・ヴィウ(Château-Vieux:古い城)と、16世紀にフルク家の末裔によって付け加えられたシャトー・ヌフ(Château-Neuf:新しい城)で構成されている。

 

とりわけ、ルネサンス建築を象徴する見事な二重螺旋の階段は必見である。

 

20世紀初頭にリヨン出身の実業家ロベール・ローラン=ヴィベールの手に渡ると、彼は廃墟となりかけていたこの城を改修し、新たに創設した文化・芸術財団へ寄贈した。

 

ローマのヴェラ・メディチに入居する在ローマ・フランス・アカデミーにならって、「プロヴァンスのヴィラ・メディチ」の愛称で呼ばれることもある。

 

毎年夏には若手の芸術家を招き文化イベントが開催されている。

ノーベル文学賞作家ゆかりの地

 

南仏を舞台に神秘的な作風で知られる小説家アンリ・ボスコ(Henri Bosco)は、1922年にローラン=ヴィベールに招かれ初めてこの村を訪れた。すぐにこの場所が気に入り、ローラン=ヴィベール亡き後もルールマラン城を拠点とした文化・芸術振興に精力的に関わった。

 

また、『異邦人』などの小説で知られるノーベル文学賞作家アルベール・カミュ(Albert Camus)が晩年を過ごした村としても知られている。村内にはアルベール・カミュ通りなどがあり、住民からも親しみを持たれていたことを伺い知ることが出来る。

 

彼らは村の入口の墓地に静かに眠っており、現在も愛好家たちが花を手向けている。

ノーベル文学賞作家ゆかりの地

南仏を舞台に神秘的な作風で知られる小説家アンリ・ボスコ(Henri Bosco)は、1922年にローラン=ヴィベールに招かれ初めてこの村を訪れた。

 

すぐにこの場所が気に入り、ローラン=ヴィベール亡き後もルールマラン城を拠点とした文化・芸術振興に精力的に関わった。

 

また、『異邦人』などの小説で知られるノーベル文学賞作家アルベール・カミュ(Albert Camus)が晩年を過ごした村としても知られている。

 

村内にはアルベール・カミュ通りなどがあり、住民からも親しみを持たれていたことを伺い知ることが出来る。

 

彼らは村の入口の墓地に静かに眠っており、現在も愛好家たちが花を手向けている。

住民の暮らしを支える市場

 

毎週金曜日に開かれる朝市では、新鮮な地元の食材を買い求める住民達で賑わいをみせる。また5月初めから10月終わりにかけて、毎週火曜日に開催される夜市もこの村の名物となっている。

 

細く曲がりくねった通り沿いにはおしゃれな雑貨店が建ち並び、活気あふれる村の姿を見ることが出来る。また開放感のあるカフェでは、パラソルのついたテラス席で住民達が思い思いの時間を過ごしている。

住民の暮らしを支える市場

毎週金曜日に開かれる朝市では、新鮮な地元の食材を買い求める住民達で賑わいをみせる。

 

また5月初めから10月終わりにかけて、毎週火曜日に開催される夜市もこの村の名物となっている。

 

細く曲がりくねった通り沿いにはおしゃれな雑貨店が建ち並び、活気あふれる村の姿を見ることが出来る。

 

また開放感のあるカフェでは、パラソルのついたテラス席で住民達が思い思いの時間を過ごしている。

3つの泉

 

村内に3カ所ある泉の周りには人々が集い、楽しく会話をしている様子を見ることが出来る。中央広場の泉はこの村で最も歴史があり、教会広場の泉は1849年に造られた。

 

最も新しいのは3つの顔を持つトロワ・マスクの泉で、1937年にローラン=ヴィベール財団によって寄贈された。ネプチューン、アポロン、パンというギリシャ神話の3人の神を表しているという説もあるが、アンリ・ボスコはそれぞれローヌ川、デュランス川、リュベロン山地という、この地域を育む自然を象徴していると考えた。

3つの泉

村内に3カ所ある泉の周りには人々が集い、楽しく会話をしている様子を見ることが出来る。

 

中央広場の泉はこの村で最も歴史があり、教会広場の泉は1849年に造られた。

 

最も新しいのは3つの顔を持つトロワ・マスクの泉で、1937年にローラン=ヴィベール財団によって寄贈された。

 

ネプチューン、アポロン、パンというギリシャ神話の3人の神を表しているという説もあるが、アンリ・ボスコはそれぞれローヌ川、デュランス川、リュベロン山地という、この地域を育む自然を象徴していると考えた。

ルールマランについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

ヴォークリューズ県ルールマラン/Lourmarin (VAUCLUSE)

面積:20,18km2

人口:1,142人(2015年現在)

2018年5月26日:ページ更新

2020年6月11日:ページ更新

行き方

ブーシュ・デュ・ローヌ県の中心都市、エクサン・プロバンスから運行しているバスを利用して訪れるのがお勧めです。本数もあるので、日帰りで訪れる事も可能です。

 

2018年に訪れた際は、現地の観光バスを利用しました。ヴォクリューズ県には美しい村が集中しており、一日に数カ所の美しい村を巡ることが出来るため、可能ならば車を手配するのがお勧めです。

エク・サン・プロヴァンス(AIX EN PROVENCE)駅から、trans Vaucluses社9番線のバスに乗ってルールマラン停留所下車(約1時間15分)

マルセイユから70km(約1時間)

アヴィニョンから70km(約1時間)

マルセイユ・プロヴァンス空港から64,3km(約1時間)

レストラン

比較的人口規模も大きく、フランスでも人気の観光地ということもあり村内では10を超える飲食店が営業しています。中央通りに面して地元の方が通う小さなカフェやバーもいくつかありました。

 

ルールマランのお勧めレストランを紹介させて頂きますので、参考にして頂ければ幸いです。

過去にミシュラン二つ星に輝いたこともある実力派のこのレストランは、村内中心部にある3つ星ホテルに併設されています。

市場で買い付ける新鮮な野菜を使ったメニューが人気で、プロヴァンス地方らしい素材の旨味を活かした料理を堪能することが出来ます。前菜・メイン・デザートの3コースで36€、メインに前菜かデザートを付けた2コースで26€と良心的な価格も魅力的です。

特産品

芸術家のギャラリーやアンティークショップ、お洒落な雑貨屋さんなど、お店を覗いてみるだけでも楽しいのがこの村の特徴です。

 

ここではルールマランを訪れたらぜひ味わいたい、地元の味を紹介させて頂きます。

プロヴァンス地方の郷土菓子ジバジエはこの村の名物です。葉っぱのような形をしていて、オリーブオイルをたっぷり使った南仏らしい料理です。オレンジがほのかに香り、素朴な甘みが後を引く味わい。見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

細部に宿る美

2015年にオープンしたばかりの「フルイティエール・ニュメリック」という施設は、かつての農業協同組合の建物をリノベーションして作られました。

 

高速インターネット完備のコワーキングスペースやマルチメディアスペース、3Dプリンターやレーザーカッターなどの最新機器を誰でも自由に使用することができ、小さな村でも出来るクリエイティブな仕事を大事にしていきたいという村づくりの意向が反映されています。

 

住民あっての美しい村ですから、このようにクリエイティブな活動を支援することで、村に活力を与えています。




ルールマランのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。この村には、評価の高い宿泊施設が多く点在しています。そんなルールマランのお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.com の総合スコア9.2と高評価なこのアパートメントは、中心市街地に位置しており村の散策に便利です。アンティーク調の内装が魅力の客室で、3人まで宿泊することが出来るので、ご家族での利用にもお勧め。簡易キッチンもついているので、この村のマルシェで購入した食材を調理することも可能です。鍵の受け渡しにオーナーとのやり取りが必要となるため、前もって受け入れの準備をして頂けるよう連絡するか、現地で使用できる携帯電話を用意しましょう。料金は2名1泊で120€です。

Booking.com の総合スコア9.4と高評価なこのアパートメントは、中心市街地に位置しており村の散策に便利です。木目を活かしたアンティーク調の内装が魅力的で、理想のフランスの田舎暮らし体験が待っています。簡易キッチンもついているので、この村のマルシェで購入した食材を調理することも可能。鍵の受け渡しにオーナーとのやり取りが必要となるため、前もって受け入れの準備をして頂けるよう連絡するか、現地で使用できる携帯電話を用意しましょう。料金は2名1泊で140€です。

Booking.com の総合スコア9.3と高評価なこのアパートメントは、中心市街地に位置しており村の散策に便利です。白を基調としたモダンで洗練された印象の部屋は、フランスらしさに溢れています。Booking.comのサイトでは、24時間対応のレセプションがあるとの表記がありますが、アパートメントのため念の為チェックインの方法について事前に確認すると安心です。料金は2名1泊で140€です。

Booking.com の総合スコア9.8と高評価なこのシャンブル・ドットは、村から歩いて10分ほどの閑静な場所に位置しています。鯉の泳ぐ池のある庭やプライベート・プールがあり、自然の中でのんびりと滞在することが出来ます。3人まで宿泊可能で、簡易キッチン付きの部屋もあるので、フランスの田舎暮らしを体験したいという方にもお勧め。料金は2名1泊で140€(朝食込)です。

この4つ星ホテルは、村の中心から少し離れた静かな場所に佇んでいます。専用のプールや庭でゆっくりと、リラックスした時間を過ごすことが出来ます。客室ごとに異なるアーティスティックな内装もこの村ならでは。料金は2名1泊で130€~340€(朝食別)です。

前項目でも紹介した本格フレンチレストランが併設されたこのホテルは、Booking.com のロケーションスコア9.5と高評価。村を散策するには最適な、中心市街地に位置しています。18世紀に使われていた製油工場をリノベーションしており、独特な雰囲気を楽しめます。白を基調にした可愛らしい内装の客室で、記念日などの利用にもお勧めです。料金は2名1泊で330€(朝食別)です。

Booking.com の総合スコア9.0と高評価なこの宿泊施設。3つのベッドルームのついた部屋があり、最大6名まで宿泊できるので大人数での利用にお勧めです。村からは300mほど離れた閑静な場所に位置しており、落ち着いた時間を過ごせます。広々とした庭園が取り囲み、アンティーク調の客室が魅力。料金は4名1泊で260€(朝食別)、6名1泊で320€~350€です。

Booking.com の総合スコア9.2と高評価なこの宿は、木製のバンガローに宿泊することが出来ます。ブドウ畑が取り囲んでおり、可愛い動物達が出迎えてくれます。シャワーとトイレは共用という点だけ、事前に確認してください。中心市街地まで、2kmほど離れているので車で移動できる方にお勧め。料金は2名1泊で70€(朝食込)と良心的です。

Booking.com の総合スコア9.4と高評価なこのシャンブル・ドットは、周囲をオリーブ畑とブドウ畑が取り囲み、プロヴァンス地方らしい景観を楽しめます。客室は広々と清潔感があり、綺麗にリノベーションされています。オーナー夫婦の温かい受け入れに関するコメントが多いのも安心できるポイントの1つ。中心市街地まで、4kmほど離れているので車で移動できる方にお勧めです。料金は2名1泊で130€(朝食込)です。

Booking.com の総合スコア9.7と高評価なこの民泊ホテルは、周囲をアーモンドの木々が取り囲んでいます。客室は広々と清潔感があり、アットホームな雰囲気です。コメントによるとオーナーの温かい受け入れと美味しい朝食も魅力だそうです。中心市街地まで、2kmほど離れているので車で移動できる方にお勧め。料金は2名1泊で150€(朝食込)です。

Booking.com の総合スコア9.6と高評価なこの宿は、美しい庭と雰囲気の良いテラスを備えています。プライベートプールや露天風呂もあり、広々と開放感のある客室でゆっくりとくつろぎたいという方にお勧めです。中心市街地まで、3.5kmほど離れているので車で移動できる方にお勧め。料金は2名1泊で140€(朝食込)です。

Booking.com の総合スコア9.0と高評価なこちらの宿は、17世紀のフランスの農場をリノベーションしたホテルです。周囲を美しい自然に囲まれていて、プライベートプールやテニスコートも完備しています。プロヴァンスらしい落ち着きのある内装の客室で、ゆっくりとした滞在を楽しめます。中心市街地まで、3kmほど離れているので車で移動できる方にお勧め。料金は2名1泊で220€~380€(朝食別)です。



Booking.com




スポンサーリンク




次の美しい村を巡る