フラヴィニー・シュル・オズラン

【甘い香りに包まれる修道士の村】

 

真珠のように白く輝くドラジェが入った

小さな缶に描かれる世界観そのままに、

可愛らしいメルヘンチックな雰囲気が漂う。

緑豊かな丘の上に佇むこの村では

様々な時代の建築物が見事に調和し、

ブルゴーニュ地方の豊かな歴史を物語っている。

村中が砂糖菓子の甘い香りに包まれ、

訪れる人々を優しく迎え入れている。

フラヴィニー・シュル・オズラン

【甘い香りに包まれる修道士の村】

 

真珠のように白く輝くドラジェが入った小さな缶に描かれる世界観そのままに、可愛らしいメルヘンチックな雰囲気が漂う。

 

緑豊かな丘の上に佇むこの村では様々な時代の建築物が見事に調和し、ブルゴーニュ地方の豊かな歴史を物語っている。

 

村中が砂糖菓子の甘い香りに包まれ、訪れる人々を優しく迎え入れている。




サン・ピエール大修道院

 

ブルゴーニュのオーソワ地方にあるこの地は、紀元前52年にローマ軍とガリア人連合軍が戦ったアレシアの戦いの際にローマ軍の野営地として選ばれたことでも知られている。8世紀に入り、ベネディクト会修道者によってサン・ピエ―ル大修道院が建てられると、村は大きく発展を遂げた。

 

サン・ピエ―ル大修道院の地下礼拝堂は現在も大切に残されている。カロリング朝時代の地下礼拝堂は、フランス最古の宗教建築の一つとして知られている。40本もの柱に支えられており、繊細な彫刻が施されている。

サン・ピエール大修道院

ブルゴーニュのオーソワ地方にあるこの地は、紀元前52年にローマ軍とガリア人連合軍が戦ったアレシアの戦いの際にローマ軍の野営地として選ばれたことでも知られている。

 

8世紀に入り、ベネディクト会修道者によってサン・ピエ―ル大修道院が建てられると、村は大きく発展を遂げた。

 

サン・ピエ―ル大修道院の地下礼拝堂は現在も大切に残されている。

 

カロリング朝時代の地下礼拝堂は、フランス最古の宗教建築の一つとして知られている。40本もの柱に支えられており、繊細な彫刻が施されている。

アニス・ド・フラヴィニー

 

この村の名産品として、1591年から変わらぬ製法で作り続けられているドラジェ。この真珠のように艶やかなアニスの砂糖菓子は、ルイ14世をはじめとして古くから多くの人々に愛されてきた。

 

村内の直売店では、バラやスミレ、コーヒーやジンジャーなど、約20種類に及ぶフレーバーの「アニス・ド・フラヴィニー」を試食できるので、お気に入りの味を探したい。またドラジェの歴史や過去の貴重な資料が展示された小さなミュージアムや、軽食を楽しめるカフェが併設されている。平日の午前中にはドラジェが作られている工場内をガイド付きで見学でき、誰もが楽しめる村の看板スポットとなっている。

アニス・ド・フラヴィニー

この村の名産品として、1591年から変わらぬ製法で作り続けられているドラジェ。

 

この真珠のように艶やかなアニスの砂糖菓子は、ルイ14世をはじめとして古くから多くの人々に愛されてきた。

 

村内の直売店では、バラやスミレ、コーヒーやジンジャーなど、約20種類に及ぶフレーバーの「アニス・ド・フラヴィニー」を試食できるので、お気に入りの味を探したい。

 

またドラジェの歴史や過去の貴重な資料が展示された小さなミュージアムや、軽食を楽しめるカフェが併設されている。

 

平日の午前中にはドラジェが作られている工場内をガイド付きで見学でき、誰もが楽しめる村の看板スポットとなっている。

サン・ジュネスト教会

 

見事なゴシック様式で建てられたサン・ジュネスト教会は、村の中央に佇む。外陣や側廊の一部は13世紀の回廊の上に覆いかぶさるように建てられているのが特徴だ。

 

教会内には14世紀の聖職者席や、14世紀から15世紀にブルゴーニュで作られた彫刻が大切に保管されている。

サン・ジュネスト教会

見事なゴシック様式で建てられたサン・ジュネスト教会は、村の中央に佇む。

 

外陣や側廊の一部は13世紀の回廊の上に覆いかぶさるように建てられているのが特徴だ。

 

教会内には14世紀の聖職者席や、14世紀から15世紀にブルゴーニュで作られた彫刻が大切に保管されている。

豊かな歴史を感じる旧市街

 

村内を歩くと目にする素晴らしい装飾が施された建物は、手工業品や商業によって村が繁栄したことを今に伝えている。例えば、15世紀に起源を持つドナテールの家は、かつて商店だった面影を残す窓枠が並んでおり、2階部分には小さな聖マリア像が飾られている。現在は観光案内所として使われているので、気軽に立ち寄ってみると良いだろう。

 

13世紀のヴァル門(Porte du Val)や15世紀のブール門(Porte du Bourg)などに彩られた城壁が村の周囲を囲んでいる。その他にも、小さな塔を備えたブルジョワの館や15世紀の隠し門、小粋な庭を備えた小礼拝堂など村内には見どころも多く、ゆっくりと散策を楽しみたい。

豊かな歴史を感じる旧市街

村内を歩くと目にする素晴らしい装飾が施された建物は、手工業品や商業によって村が繁栄したことを今に伝えている。

 

例えば、15世紀に起源を持つドナテールの家は、かつて商店だった面影を残す窓枠が並んでおり、2階部分には小さな聖マリア像が飾られている。

 

現在は観光案内所として使われているので、気軽に立ち寄ってみると良いだろう。

 

13世紀のヴァル門(Porte du Val)や15世紀のブール門(Porte du Bourg)などに彩られた城壁が村の周囲を囲んでいる。

 

その他にも、小さな塔を備えたブルジョワの館や15世紀の隠し門、小粋な庭を備えた小礼拝堂など村内には見どころも多く、ゆっくりと散策を楽しみたい。

フラヴィニー・シュル・オズランについて詳しく知りたい!

フランスの最も美しい村

コート・ドール県フラヴィニー・シュル・オズラン(フラヴィニーシュルオズラン)/Flavigny-sur-Ozerain(CÔTE-D’OR)

面積:27,79 km2

人口:302人(2017年現在)

2020年02月15日:ページ更新

2020年5月5日:ページ更新

行き方

今のところフラヴィニー・シュル・オズランへ向かうバスが無いため、公共交通機関のみで訪れるのは難しいようです。主要な街からタクシーやレンタカーの利用が必要となりますので、ご確認ください。

 

2019年にレンタカーを利用して村を訪れました。途中で村を見下ろすことの出来るパノラマ・スポットもあったので、とても楽しいドライブになりますよ。

パリ・リヨン駅(Paris gare de Lyon)からTGVに乗って、モンバール(Montbard)駅下車(約1時間10分)

モンバール駅前からタクシーに乗って、フラヴィニー・シュル・オズラン旧市街へ(約30分)

パリ(Paris)から270km(約2時間50分)

リヨン(Lyon)から240km(約2時間30分)

ボーヌ(Beaune)から80km(約60分)

ディジョン(Dijon)から70km(約60分)

パリ・シャルルドゴール国際空港(Paris-Charles-de-Gaulle)から310km(約3時間)

リヨン・サン・テグジュベリ(Lyon-Saint Exupery)空港から260km(約2時間40分)

紹介動画

フランスの人気テレビ番組「フランス人が選ぶお気に入りの村」で2013年に、フラヴィニー・シュル・オズランがノミネートされた際の動画がYoutubeの「Le Pays préféré des Français」公式チャンネルにて紹介されています。この村の魅力が詰まった動画で、見たら行ってみたくなること間違いなしです。

レストラン

冬に訪れた際は、営業しているレストランがあまりありませんでした。それでも「アニス・ド・フラヴィニー」直営店のカフェで軽食を取ることが出来たので、大変助かりました。

 

フラヴィニー・シュル・オズランのお勧めレストランを紹介させて頂きますので参考にして頂ければ幸いです。

「アニス・ド・フラヴィニー」直営店に併設されたカフェ。サンドイッチやキッシュといった軽食や、フォンダンショコラやタルトなどのデザートを味わえます。

 

飲み物だけでの利用も可能なので、村内の散策に疲れたらここで休憩するのもお勧めです。

農家レストラン「ラ・グランジュ」は、地元の女性たちによって運営される少し変わったレストランです。営業日も不定期ですが、住民同士の交流の場になっています。

 

かつての倉庫を見事に改装した空間で、心温まる家庭的な手料理を味わうことが出来ます。前回訪れた時は残念ながら営業していなかったので、次回はぜひとも利用したいレストランです。

特産品

季節を問わず「アニス・ド・フラヴィニー」直営店が営業しているので、ドラジェをはじめ可愛らしいフランス菓子を購入することが出来ます。

 

ちなみにフレーバーは限られますが、可愛らしい缶に入った「アニス・ド・フラヴィニー」は日本でも購入出来るようです。ぜひチェックしてみてくださいね。

すでにその歴史などについては説明させて頂いているので、私たちのお気に入りの味を紹介したいと思います。

 

ローズ:甘くバラが香る華やかな味わいで、バラがいっぱいに描かれた可愛らしい缶はお土産にもぴったりです。

 

ジンジャー:生姜の効いたスパイシーなドラジェは、くせになる美味しさ。好き嫌いがはっきりする味ですので、現地の試食でまずは試してみてから購入してみると良いかもしれません。

映画の撮影地

ジュリエット・ビノシュやジョニー・デップが出演する映画「ショコラ」(2000年)の撮影地として、この村が使われています。

 

ストーリーの中心となるチョコレート店は、サン・ジュネスト教会のすぐ脇にあります。内装などはすべて取り外されており少し寂しい雰囲気も漂いますが、外観はそのままに残されています。建物の前に案内板が取り付けられておりますので、目印にしてくださいね。

 

村の雰囲気も知ることが出来るので、映画を見てから村を訪れるものお勧めです。

フラヴィニー・シュル・オズランのお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。

 

フランスの最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。今回は、フラヴィニー・シュル・オズランのお勧めホテルをご紹介させて頂きますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.com の総合スコア8.9と評価も高く、落ち着いた内装のダブルルームを2部屋備えています。村の中心市街地、サン・ジュネスト教会からすぐの場所に位置しているので、村の散策にとても便利。料金は2名1泊で110€(朝食込)ほどと良心的です。

Booking.com の総合スコア9.1と非常に高評価で、自然に囲まれた一軒家で宿泊することができます。木の梁が見えるおしゃれな内装に、綺麗なキッチンやストーブがあり、フランスの田舎暮らしを体験するにはぴったりです。中心市街地から少し離れているので車で移動できる方にお勧め。また、鍵の受け渡し等が必要となりますので携帯電話の準備または事前の連絡が必要です。料金は2名1泊で140€(4名での利用は170€)ほど。



Booking.com




【一緒に訪れたい美しい村】

フラヴィニー・シュル・オズランから車で50分(50km)

フラヴィニー・シュル・オズランから車で60分(60km)

フラヴィニー・シュル・オズランから車で1時間10分(80km)

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る