カンカル/Cancale

 

【フランス王室御用達の牡蠣の街】

 

ヨーロッパを代表する牡蠣産地として名高いこの街は、

現在でも活気あふれる港町の雰囲気が漂う。

潮の満ち引きが大きなモン・サン・ミシェル湾は、

濃厚な味わいの牡蠣の成長に必要な豊富なプランクトンを運び、

干潮時にはトラクターが海へと進入する大規模な養殖を可能にする。

エメラルド海岸と称される海沿いの散策道も人気で、

運が良ければイルカの群れも姿を現す。

カンカル/Cancale

 

【フランス王室御用達の牡蠣の街】

 

ヨーロッパを代表する牡蠣産地として名高いこの街は、現在でも活気あふれる港町の雰囲気が漂う。

 

潮の満ち引きが大きなモン・サン・ミシェル湾は、濃厚な味わいの牡蠣の成長に必要な豊富なプランクトンを運び、干潮時にはトラクターが海へと進入する大規模な養殖を可能にする。

 

エメラルド海岸と称される海沿いの散策道も人気で、運が良ければイルカの群れも姿を現す。




街の特産品:牡蠣

 

フランス王妃マリー・アントワネット、皇帝ナポレオンなどからも愛されたことでも知られる名産品の牡蠣は、世界中にその名を知られるこの街を代表する逸品。フランス国王のフランソワ1世が1545年にカンカル産の牡蠣の品質を絶賛して以来、王室御用達の食材として親しまれてきた。特にフランス国王ルイ14世は、カンカルから取り寄せた牡蠣を食事前に6ダースも平らげたという逸話が残されている。

 

特産品の牡蠣を求め、現在でも多くの人々が訪れるこの街。港沿いで開かれている牡蠣市場は名物となっており、その場で殻を剥いてもらった新鮮な牡蠣を味わうことが出来る。

街の特産品:牡蠣

フランス王妃マリー・アントワネット、皇帝ナポレオンなどからも愛されたことでも知られる名産品の牡蠣は、世界中にその名を知られるこの街を代表する逸品。

 

フランス国王のフランソワ1世が1545年にカンカル産の牡蠣の品質を絶賛して以来、王室御用達の食材として親しまれてきた。

 

特にフランス国王ルイ14世は、カンカルから取り寄せた牡蠣を食事前に6ダースも平らげたという逸話が残されている。

 

特産品の牡蠣を求め、現在でも多くの人々が訪れるこの街。

 

港沿いで開かれている牡蠣市場は名物となっており、その場で殻を剥いてもらった新鮮な牡蠣を味わうことが出来る。

モン・サン・ミシェル湾岸の街

 

牡蠣が養殖されているのは、世界で最も潮の満ち引きが大きいことで知られるモン・サン・ミシェル湾。潮の高い時間にはボートが優雅に海に漂い、干潮時には養殖した牡蠣を出荷するためのトラクターが湾内で作業を行っている。

 

そんな不思議な光景を見る事が出来るウール港に沿って、新鮮な魚介類を使った料理を提供するレストランやオイスターバーが建ち並ぶ。また港を守るように築かれたエピの防波堤は1838年の建築で、舟が接岸しやすいように階段状のアーチが連なる姿が印象的。

モン・サン・ミシェル湾岸の街

牡蠣が養殖されているのは、世界で最も潮の満ち引きが大きいことで知られるモン・サン・ミシェル湾。

 

潮の高い時間にはボートが優雅に海に漂い、干潮時には養殖した牡蠣を出荷するためのトラクターが湾内で作業を行っている。

 

そんな不思議な光景を見る事が出来るウール港に沿って、新鮮な魚介類を使った料理を提供するレストランやオイスターバーが建ち並ぶ。

 

また港を守るように築かれたエピの防波堤は1838年の建築で、舟が接岸しやすいように階段状のアーチが連なる姿が印象的。

サン・メアン教会

 

ウール港から丘の上を登った先にある広場に佇むのは、1875年に建てられたサン・メアン教会。フランス屈指の港町らしく、目の前の広場には牡蠣を洗う2人の女性をモチーフとした噴水が置かれており、教会内も海にまつわる装飾に彩られている。

 

またすぐ近くには、18世紀初めに建てられた旧サン・メアン教会も残る。新しい教会の建設と共にその役目を終えたが、現在はこの街の漁業の歴史やかつての暮らし方などにまつわる品々を展示する民俗資料館として営業しているので訪れてみるとよい。

サン・メアン教会

ウール港から丘の上を登った先にある広場に佇むのは、1875年に建てられたサン・メアン教会。

 

フランス屈指の港町らしく、目の前の広場には牡蠣を洗う2人の女性をモチーフとした噴水が置かれており、教会内も海にまつわる装飾に彩られている。

 

またすぐ近くには、18世紀初めに建てられた旧サン・メアン教会も残る。

 

新しい教会の建設と共にその役目を終えたが、現在はこの街の漁業の歴史やかつての暮らし方などにまつわる品々を展示する民俗資料館として営業しているので訪れてみるとよい。

グルアン岬

 

エメラルド海岸の愛称で知られる海沿いに続いているのは、サンティエ・デ・ドアニエと呼ばれる散策道。フランス語で「税関吏の道」を意味し、1791年に密貿易を監視するために整備された。また18世紀前半に衛兵所として建てられた、コール・ド・ガルド・デ・ドールも併せて覗いてみるのがお勧め。

 

カンカル最北部にあるグルアン岬も、手つかずの自然を楽しめる人気のスポット。長さ40mにも及ぶ岩礁の目の前には、様々な種類の藻に覆われたランド島もある。鵜を初めとする野鳥の生息地として知られ、大切に自然環境が保護されている。

グルアン岬

エメラルド海岸の愛称で知られる海沿いに続いているのは、サンティエ・デ・ドアニエと呼ばれる散策道。

 

フランス語で「税関吏の道」を意味し、1791年に密貿易を監視するために整備された。

 

また18世紀前半に衛兵所として建てられた、コール・ド・ガルド・デ・ドールも併せて覗いてみるのがお勧め。

 

カンカル最北部にあるグルアン岬も、手つかずの自然を楽しめる人気のスポット。

 

長さ40mにも及ぶ岩礁の目の前には、様々な種類の藻に覆われたランド島もある。

 

鵜を初めとする野鳥の生息地として知られ、大切に自然環境が保護されている。

カンカルについて詳しく知りたい!

基本情報

イル・エ・ヴィレーヌ県カンカル/Cancale (ILLE-ET-VILAINE)

面積:12,61 km2

人口:5,147人(2018年現在)

2021年10月5日:ページ更新

行き方

イル・エ・ヴィレーヌ県の中核都市サン・マロからバスで簡単に訪れることが出来ます。

 

ブルターニュの中心都市レンヌなどに立ち寄りながら、この地方の小さな村や街を併せて巡るのもお勧め。美しい海岸沿いも見どころなので、レンタカーを借りてのドライブや自転車を借りてのサイクリングも楽しいですよ。

パリ・モンパルナス駅(Paris Montparnasse 1 et 2)からTGVに乗って、サン・マロ駅(Saint-Malo)下車。(約3時間)

 

サン・マロ駅前停留所(SAINT-MALO/Gares)からサン・マロ交通(MAT)5番線のバスに乗って、カンカル教会前停留所(CANCALE/Église)下車。(約/30分)

レンヌから80km(約1時間10分)

パリから420km(約4時間20分)

レンヌ・ブルターニュ空港(Aéroport Rennes Bretagne)から80km(約1時間10分)

ミシュラン星付きレストラン

2021年のミシュランガイドで星を獲得した、2つのレストランを紹介させて頂きます。

ラグジュアリー・ホテル・グループである「ルレ・エ・シャトー」にも加盟しるホテルに併設された、ミシュラン2つ星を獲得したレストラン。フランス語で「貝」と名付けられたこのお店は、その名の通りカンカル周辺で採れた新鮮な魚介類を使った料理が自慢です。

 

前菜+メイン+デザートで90€からで、美しい海を見ながら食事をとる事が出来ます。食事に提供しているパンにもこだわっていて、専門のパン職人が伝統的な竈を用いて毎日焼いています。

日本でも多くの店舗を持つブレッツ・カフェ本店の、すぐ上で営業するミシュラン1つ星の本格レストラン。和洋折衷の料理が人気で、揚げ浸しや唐揚げといったお馴染みの技法がフランスの食材と出会い新しい味わいを生み出しています。

 

平日お昼のコースは前菜2品+メイン+デザートの4品で55€からで、日本酒とも良く合います。ブルターニュ名物のクレープリーを食べたいという方は、1階のブレッツ・カフェ本店の利用もお勧めです。

特産品

モン・サン・ミシェル湾を望むウール港沿いに、お土産屋さんなども建ち並んでいるので散策の合間に覗いてみるのがお勧めです。

 

ここではカンカルを訪れたらぜひ味わいたい、お勧めの味を紹介させて頂きます。

この街で採れる牡蠣は大きく分けて2つの種類に分かれています。ヨーロッパヒラガキ(huître plate)はその名の通りカンカルで古くから食べられていた牡蠣ですが、20世紀の伝染病によってその多くが死滅してしまいました。そんな状況に手を差し伸べたのが、宮城県三陸沖の漁師で、マガキ(huître creuse)が現在この街で育てられている牡蠣の主流になっています。

 

マガキよりも、ヒラガキの方が少し値段が高いです。またヒラガキの中でも、特に大きなものはフランス語で「馬の蹄」を意味するピエ・ド・シュヴァルの名で呼ばれ、カンカルの名物となっています。大きなものでは1kgに達する貝もあるのだとか。この街を訪れた際は、ぜひ試してみて下さいね。




カンカルのお勧めホテル

ブルターニュ地方にある美しい村々を訪れるなら、カンカルにも泊ってみてはいかがでしょうか?

 

ホテルの予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。カンカルにあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア9.1と高評価なこの宿泊施設は、17世紀に建てられた貴族の館を綺麗にリノベーションしたホテル。石造りの外観はブルターニュ地方ならではで、手入れの行き届いたお庭は広々としており、のんびりと滞在出来ます。中心市街地まで1,6km程離れているので、車で移動できる方にお勧め。宿泊者のニーズに応じた様々なグレードの部屋があり、料金は2名1泊で120€~190€(朝食別)です。



Booking.com




カンカル近郊の美しい村

サン・シュリアック

ブルターニュ地方の小さな漁村の魅力溢れるこの村。丘の上に佇む小礼拝堂には聖母マリア様の像が祀られており、村の暮らしを見守っています。

バルフルール

また港町の雰囲気が好きな方は、ノルマンディ地方の美しい村もお勧めです。この村の名物は「ブロンド」と呼ばれる野生のムール貝で、夏の時期にのみ村内に出回ります。