美瑛町

【農業と観光が交差する丘のまち】

 

波のようにうねるこの街の丘は、

四季折々移ろいゆく美しい風景を形成し人々を魅了する。

雪解けとともに命が芽吹く春、ラベンダー薫る夏。

麦の穂が色づく秋、白銀の世界へといざなう冬。

時を刻む度に表情を変える風景は

何度訪れても新たな魅力に溢れ、

「びえい」を再発見する冒険へと誘う。

美瑛町

【農業と観光が交差する丘のまち】

 

波のようにうねるこの街の丘は、四季折々移ろいゆく美しい風景を形成し人々を魅了する。

 

雪解けとともに命が芽吹く春、ラベンダー薫る夏。麦の穂が色づく秋、白銀の世界へといざなう冬。

 

時を刻む度に表情を変える風景は何度訪れても新たな魅力に溢れ、「びえい」を再発見する冒険へと誘う。




パッチワークの丘

 

北海道中央部大雪山十勝連峰の麓の丘陵部に位置するこの街は、東京23区とほぼ同じ面積を有し、広大な大地を活用してジャガイモや小麦、豆類などの畑作が営まれている。

 

農地ごとに異なる色彩が美しい模様を織り成すことから、別名「パッチワークの丘」の愛称で親しまれている。霧に包まれる幻想的な朝に、陽の光を浴びて輝く農作物。夕暮れ時には一面がオレンジ色に染め上げられ、一日中見ていても飽きることはない。

パッチワークの丘

北海道中央部大雪山十勝連峰の麓の丘陵部に位置するこの街は、東京23区とほぼ同じ面積を有し、広大な大地を活用してジャガイモや小麦、豆類などの畑作が営まれている。

 

農地ごとに異なる色彩が美しい模様を織り成すことから、別名「パッチワークの丘」の愛称で親しまれている。

 

霧に包まれる幻想的な朝に、陽の光を浴びて輝く農作物。夕暮れ時には一面がオレンジ色に染め上げられ、一日中見ていても飽きることはない。

数多くの風景写真家を魅了

 

そんな美瑛町の魅力をいち早く発見したのが、写真家の前田真三であった。「麦秋鮮烈」、「夕焼けの塔」、「朝霧の丘」など美瑛の丘を撮り続け、その鮮やかな色彩は今なお鮮烈な印象を与え続けている。廃校した校舎を活用した写真ギャラリー「拓真館」はぜひ訪れたい。

 

その他、数多くのギャラリーが街の中に点在している。ファインダー越しに表現される写真家の珠玉の一枚一枚は眺めれば、新たなこの街の魅力に気付かされることだろう。

数多くの風景写真家を魅了

そんな美瑛町の魅力をいち早く発見したのが、写真家の前田真三であった。

 

「麦秋鮮烈」、「夕焼けの塔」、「朝霧の丘」など美瑛の丘を撮り続け、その鮮やかな色彩は今なお鮮烈な印象を与え続けている。

 

廃校した校舎を活用した写真ギャラリー「拓真館」はぜひ訪れたい。

 

その他、数多くのギャラリーが街の中に点在している。ファインダー越しに表現される写真家の珠玉の一枚一枚は眺めれば、新たなこの街の魅力に気付かされることだろう。

青い池

 

アルミニウムを含んだ鮮やかな青の色彩が、立ち枯れしたカラマツの木とコントラストを成し、幻想的な風景が創り出されている「青い池」。元々は堤防として用いられていたため立ち入りは制限されていたが、2012年に一般公開され、アップル社の壁紙として使用されると共に世界的に人気のスポットとなった。

 

木々が色づく紅葉の秋や、一面が雪に覆われる冬。日が暮れればライトアップと共に幻想的な雰囲気に包まれるなど、季節や時間と共に美しく変化を遂げる姿は必見。

青い池

アルミニウムを含んだ鮮やかな青の色彩が、立ち枯れしたカラマツの木とコントラストを成し、幻想的な風景が創り出されている「青い池」。

 

元々は堤防として用いられていたため立ち入りは制限されていたが、2012年に一般公開され、アップル社の壁紙として使用されると共に世界的に人気のスポットとなった。

 

木々が色づく紅葉の秋や、一面が雪に覆われる冬。日が暮れればライトアップと共に幻想的な雰囲気に包まれるなど、季節や時間と共に美しく変化を遂げる姿は必見。

美瑛軟石が織り成す統一的な景観

 

この街の建築物には地元で産出される美瑛軟石が積極的に活用されている。1988年に改装された美瑛駅舎や道の駅「丘のくら」、丘の交流館「bi.yell(ビエール)」などの公共施設のほか、住宅の基礎部分にも用いられ、景観的な統一感が生み出されている。

 

また、中心部の電線地中化が全国に先立って実施されたことで、街中は非常にすっきりとした印象。比較的歴史の浅い北海道ではあるが、景観形成に積極的に取り組むことで、個性ある街並みを実現している。

美瑛軟石が織り成す統一的な景観

この街の建築物には地元で産出される美瑛軟石が積極的に活用されている。

 

1988年に改装された美瑛駅舎や道の駅「丘のくら」、丘の交流館「bi.yell(ビエール)」などの公共施設のほか、住宅の基礎部分にも用いられ、景観的な統一感が生み出されている。

 

また、中心部の電線地中化が全国に先立って実施されたことで、街中は非常にすっきりとした印象。

 

比較的歴史の浅い北海道ではあるが、景観形成に積極的に取り組むことで、個性ある街並みを実現している。

美瑛町について詳しく知りたい!

日本の最も美しい村

北海道美瑛町

面積:676.78km2

人口:10,143人(2018年3月31日現在)

写真2枚目:Photoed by Yuki Mao – pixabay.com

写真3枚目:Photoed by Yuko Hara – Flickr

写真5枚目:Photoed by Tzuhsun Hsu– Flickr

写真7枚目:Photoed by Kohei Tanaka– pixabay.com

写真8枚目:Photoed by Muto Masataka– pixabay.com

2018年7月8日:ページ更新

2020年9月14日:ページ更新

行き方

北海道の中核都市、旭川から電車が運行しているほか、旭川空港からバスも運行しているため大変アクセスが良いです。

 

2019年および2020年に訪れた際は、レンタカーを利用しました。この街の見どころは点在しているため車があると便利です。その他、中心市街地からレンタサイクルなどを利用して丘の風景を巡るのもお勧めですよ。

札幌駅から特急列車に乗って旭川駅で乗り換え(※約90分、高速バスの場合は約120分)、旭川駅から普通列車に乗って美瑛駅下車(※約40分)

富良野駅から普通列車に乗って美瑛駅下車(※約40分)

羽田空港から飛行機に乗って旭川空港へ(※約100分)、旭川空港からふらのバスに乗って美瑛駅前停留所下車(※約20分)

富良野市から40km(約50分)

旭川市から30km(約40分)

札幌市から170km(約2時間20分)

旭川空港から20km(約20分)

新千歳空港から170km(約2時間40分)

レストラン

地元で採れる美味しい農産物を使用した、質の高いレストランが点在しているのもこの街の特徴。「ミシュランガイド北海道2017特別版」において1つ星を獲得した、3つのレストランを紹介させて頂きますので参考にして頂ければ幸いです。

北海道を代表する天才シェフ中道博さんと、地元の野菜をもっと美味しく食べて欲しいという美瑛農協との共同プロジェクトとして開店したこのレストラン。

 

とりわけ「美瑛の畑 20種類の野菜を使った取り合わせ」はこのお店の名物で、見た目にも美しい華やかな料理が楽しめます。ランチコースは6品で、2,800円からです。

ウッド調に統一された安らぎの空間に満ちたこのレストランでは、小麦畑が広がる贅沢な景観を前に食事をすることが出来ます。

 

備え付けの工房で焼かれた、地元産の小麦を用いた香り豊かなパンも人気。ランチタイムは、3,000円から提供しています。

カラ松林に囲まれた閑静なレストランは、入口へと至る素朴な小路を歩くだけでも期待に胸が膨らみます。美瑛町の四季をイメージしたという料理は、カラフルな色合いが食欲をそそる一品ばかり。

 

本格イタリアンが楽しめるこのお店の名物は、ブルーチーズソースを絡めたジャガイモのニョッキ。ランチのパスタ・コースは2,800円からです。

美瑛町のお勧めホテル

村内がオレンジに輝く夕暮れ時や、夜のライトアップ、朝霧に包まれた街並みなど、時間によって様々な表情を見せるのが美しい村の魅力。美しい風景に惹かれてこの街に来た移住者が営む宿が多いのも特徴です。

 

最も美しい村の予約はbooking.comが便利で、毎回お世話になっています。美瑛町にあるお勧めの宿を紹介いたしますので参考にして頂ければ幸いです。

Booking.comの総合スコア9.2と高評価なこの宿泊施設は、赤い屋根と木張りの外壁が可愛らしいおしゃれな民宿です。客室の窓からは美瑛町の丘を望むことが出来ます。調度品の一点一点にまでこだわった内装は見事。オーナーの温かいおもてなしと共に、忘れられない滞在となるでしょう。料金は2名1泊で16,000円です。



Booking.com




スポンサーリンク




次の美しい村を巡る