ロヴェレ

Lovere

イゼオ湖畔に佇む愛すべき村

イゼオ湖の北端に位置するロヴェレは、避暑地としても有名でヨーロッパ中の人々に愛されている。

 

村には多くの教会が存在しており、14世紀のサン・ジョルジオ教会(chiesa di San Giorgio)では美しい宗教画や装飾の数々を見ることが出来る。昔ながらの住居が多く立ち並ぶ通りにあるサンタ・マリア・イン・ヴァルヴェンドラ(Santa Maria in Valvendra)聖堂は、元々ゴシック様式の教会だったが、1473年からルネサンス様式に建て替えられた。ここでは、美しいフラスコ画やパイプ・オルガンを見ることが出来る。

 

街中にはギャラリーも多く、芸術に触れることもこの村の楽しみの一つである。湖畔沿いを歩くと新古典主義建築のタディアーニ館(Palazzo Tadini)があり、現在は美術学校として用いられている他、企画展も見ることが出来る。

 

サラミやソーセージ、ムゼット(Musetto)などの肉加工品が有名。ポレンタ(Polenta)と呼ばれるトウモロコシの粉から出来た付け合わせと一緒に味わうのがロヴェレ流。

 

湖畔に位置するポルト広場(piazza del porto)(別称:13マルティリ広場(piazza 13 Martiri))はイゼオ湖畔で最も美しい憩い場として知られる。テラス席で湖を眺めながらゆったりとした時間を過ごしたい。

ベルガモ県ロヴェレ(ローヴェレ)/Lovere (BERGAMO)

面積:7,92km2

人口:5,194人(2017年現在)

公共交通機関の場合:

ミラノ中央駅からベルガモ駅まで電車で約50分。

ベルガモ(Bergamo)駅から、もしくはロヴェレ行きのバスに乗って13マルティニ広場停留所下車。他にも、コモ湖畔のタヴェルノラ(Tavernola)からもバスあり。

車の場合:

トリノ(Torino)から、ミラノ(Milano)を通り、システィアーナ(Sistiana)を結ぶ高速道路A4号線セリアテ(Seriate)出口から40分

飛行機の場合:

オーリオ・アル・セーリオ空港から50km

「イタリアの最も美しい村」協会 加盟村

2018年4月30日:ページ更新

スポンサーリンク




次の美しい村を巡る